転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシーでもチャイルドシートは必要?子供づれの乗客への対応を確認

タクシーでチャイルドシートは使わなければならないのか

2
タクシーは、老若男女さまざまな方が利用され、当然のことながら子供連れの方も利用されています。2008年6月より、一般道において後部座席のシートベルトの装着が義務付けられるようになりました。これは一般車だけでなくタクシーにおいても同様で、タクシーに乗るときにはシートベルトの装着が義務付けられています。では、子供連れでのタクシーの利用時にチャイルドシートは必要になるのでしょうか?

ちなみにチャイルドシートとは、シートベルトが着けられない子供を自動車に乗せる時に、安全のため身体を固定させる装置の事をいいます。日本では運転者が6歳未満の子供を自動車に乗せる時に使用することが義務付けられています。チャイルドシートは単に固定のためだけでなく、暴れる場合などの防止にもなり、これが安全運転につながります。

タクシーにもチャイルドシートが必要なのかという前述の答えですが、実際タクシー・バスではチャイルドシートの装着は義務付けられていません。しかし、なかには子供に着けさせたいと思う方もいらっしゃるかもしれません。チャイルドシートは可能であれば常時搭載しておき、正しく装着できるよう練習しておきましょう。

装着場所は、運転席の真後ろが安全かつ便利でしょう。「チャイルドシートありますよ」という運転手側の気配りが、「子供連れにも気遣いができる」と印象付けられます。これをきっかけに日頃からお客様にタクシーを利用していただくポイントにもなるかもしれません。

チャイルドシートを積んでいない場合

もしチャイルドシートやベビーシートをタクシーに積んでいない時、お客様には何を注意していただいたらいいのでしょうか。

まず、お客様がチャイルドシートと兼用できるベビーカーをお持ちの場合は、それをベビーカーから外して、チャイルドシートと同じように車へ固定しましょう。

抱っこ紐で子供を抱いているお客様には、抱っこ紐の上からシートベルトをしめてしまわないよう、注意を促す必要があります。万が一事故が起こってしまった時に、衝撃で子供と一緒に体が飛び出てしまい、子供が前部座席との間に挟まれてしまうので危険です。シートベルトは抱っこ紐と体の間に通してもらい、親御様の体が前に出ることを抑えることで、子供が挟まれてしまうことを防ぎましょう。

また、「保護者のみがシートベルトをしめ、膝の上で抱っこして乗ることが安全」と勘違いされがちですが、これは衝突事故の場合に一番危険な乗り方とされています。前方に飛び出す危険があるため、座席は運転席の真後ろに座っていいただくよう伝えましょう。

小さい子供がそのまま座席に座っている場合は、カーブや道が悪く車が大きく揺れる時に「お子様が落ちないように注意してください」と、保護者へその都度お伝えてあげるとより安全です。子供は何にでも触ってしまいがちなので、手が届くボタンやドアに触ってしまってもいいように、チャイルドロックも忘れずに。

子供連れの親御様はベビーカーや大きな荷物もお持ちのことが多いです。そういった場合でも、気遣いを忘れず乗車をお手伝いしましょう。
1

Return Top