タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

個人タクシーとは何か?始めるのに必要な事と得られるメリット

個人タクシーとは何か?個人でやるために必要な事と大きなメリット
タクシーには、会社が運営している「法人タクシー」と会社に所属せずに個人でタクシードライバーとして働く「個人タクシー」の2種類があります。今回はそのうちの一つである個人タクシーを始めるに当たって必要となる資格や開業する際に必要となる各種条件と、法人ではなく個人で働く事により得られるメリットをご紹介します。

個人・法人問わずタクシーを始めるために必須な資格

タクシー運転手として勤務する場合、無くてはならない資格として二種免許を所持している事が必須の条件です。当然、個人タクシーとして始める場合にも二種免許が必須となります。
また、東京や大阪といった大都市圏内の場合は地理試験にも合格していなければなりません。こういった試練を乗り越える事で初めてタクシーの運転手としての人生をスタートする事が出来るのです。
上記の事をクリアすれば、法人のタクシーとしては始める事が出来ますが、個人として始めるには資格があるだけではいけません。資格以外に必要な物も合わせてご紹介します。

開業するにはドライバーとしての経験が必要

個人タクシーを始めるためには、旅客運送に携わった運転経験に関する規定をクリアする必要があります。この規定は年齢により異なり、開業を目指す年齢によって違いがあるので注意が必要です。
開業を始める年齢が35歳以上40歳未満の場合には下記の条件となります。
1.申請日以前に申請する営業区域において、職業としての自動車の運転経験が10年以上ある事。
※旅客運送以外(トラック・スクールバス)等の場合、経験年数を50%とて計算。
2.1の運転経歴のうち5年以上、タクシー・ハイヤーの運転を職業としていた期間がある事。
3.申請する営業区域において、タクシー・ハイヤーの運転の職業としての期間が継続して3年以上ある事。
4.申請日以前の10年間の間、無事故無違反の者は40歳以上65歳未満の要件に変更する事が出来る。
年齢により規定に多少の違いはありますが、個人タクシーの開業申請には上記の要件が必須となっており上記に当てはまらなければ、二種免許を持ち開業するための資金があっても始める事が出来ません。また、65歳以上の場合は個人タクシーの開業申請自体が出来なくなってしまうので注意が必要です。
個人で始めていきたいと思うのであれば、最初は法人のタクシードライバーとして勤務して経験を積み、開業申請をし、独立していく流れが無難でしょう。

個人タクシーとは何か?個人でやるために必要な事と大きなメリット

個人タクシーを始める事で得られる金銭的メリット

タクシー業界の給与体系は個人の裁量に左右される歩合制です。この給与体制は個人であろうと法人であろうと変わりません。しかし、法人タクシーの場合はお客を乗せて稼いだ金額のうちの何割かを会社に納める歩合給となります。この歩合率は会社によって異なりますが、高いところでも60%〜65%となっております。そのため、残りの40%近くは会社へと収める必要があり、収入も実際に自信が稼いだ金額よりも少なくなってしまうのです。
一方、個人の場合はガソリンの燃料費や車代、車の維持費といった経費は自己負担としてかかってしまいますが、会社へと納める必要がなくなり歩合の100%が自身の収入にそのままなるので、歩合制でいくらかを会社へと納めることになってしまう法人タクシーのドライバーよりも多く稼ぐ事が可能となります。
もちろん、個人の場合は100%の完全な歩合制となってしまうため、お客が少なく売り上げが悪い時には収入が減ってしまうというリスクを背負ってしまいますが、給与のアップを目指したい方には自分の実力次第で大きく売り上げる事の出来る個人タクシーの方が向いていると言えるでしょう。
また、独立前に会社勤めでタクシードライバーとして勤務して居た方なら今までの経験から何処が稼げるかどうすれば稼げるかのノウハウもあるので収入アップを目指しやすくなるでしょう。
実際、東京都内には年収500万円以上稼いでいるドライバーが多くおり、稼いでいる方の中には、年収800万・1000万円と稼いでいる人も居ます。

個人タクシーとは何か?個人でやるために必要な事と大きなメリット

個人タクシーを始める事で得られる時間的メリット

個人で始めることにより得られるメリットの中でも大きなメリットの一つと言えるのが時間的な拘束が一切なくなることです。
法人タクシーの場合は、会社に勤めて働くドライバーのためシフトによる時間的な拘束があり、勤務時間以外にも通勤時間や点呼といった時間もありそれらを除いた時間のみが勤務時間となります。
また、法人タクシーは日勤が16時間、隔日勤務で21時間と勤務できる時間にも縛りがありますが、個人の場合はそれらが一切ありません。
個人であればシフトがあるわけでもないので、働きたい時間に働けて、休みたい時に休みながら自身の都合に合わせて働く事が出来るのです。もちろん、自由に働けるからといって休み過ぎて収入が不安定になってしまったら問題ですが、自由に働く事が出来るのはそれらを大きく上回るメリットだと言えるでしょう。

個人タクシーは、始めるまでにさまざまな要件をクリアしていく必要がありますが、それ以上に魅力的な条件で働く事が出来る職業の一つです。
興味を持ったのであれば早めにタクシー会社へ就職し、経験を積み、将来への布石へとしていくのも良いのではないでしょうか。

Return Top