転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

運転履歴の重要性!タクシードライバーが面接前に覚えておくべきこと

運転履歴の確認とは

タクシー会社にドライバーとして就職を希望する応募者は、これまでの「運転履歴」を必ず確認されます。その内容についてご紹介します。
タクシードライバーの仕事は、お客様を乗せて安全に目的地までお連れするのが使命です。そのため、タクシー運転手の採用面接では、応募者が安全運転に努めている人物なのかをタクシー会社は見極める必要があります。

そのひとつの手段として、タクシー会社は応募者の運転履歴について確認します。具体的には、「応募者に免許点数の申告を求める」「警察庁所管の自動車安全運転センターが発行する無事故・無違反証明書、あるいは運転記録証明書の提出を求める」といった方法により、これまでの交通違反や交通事故の内容、行政処分歴などを確認します。

DSC_0155

これは、タクシー会社が運転手を新規に雇い入れる際に、事故惹起運転者(事故を起こしたことのあるドライバー)に該当するかの確認と、もし事故惹起運転者に該当した場合には、特別な指導(法令順守の意識付けなど)や適性診断を受けさせることが、2009年に法律で義務付けられたことに伴っておこなわれているものです。運転記録証明書の対象期間には数種類ありますが、過去5年分を記載したものを取り寄せるのが一般的です。

運転履歴によっては採用に響く場合も

運転履歴証明書の確認によって、過去の交通違反歴などが一目瞭然で分かります。その内容によっては、「うちでも事故を起こされるのではないか」といった懸念を面接担当者に生じさせる場合があります。

また、1年以内の累積点数によっては、あと1回の軽微な違反であっても免停となってしまう恐れもあります。そうなると、新人タクシードライバーとして働き始めても、免停によって乗務できなくなるリスクがつきまとうことになります。これらの点から、運転履歴によっては、安全上の懸念を回避するべく不採用とする可能性があります。

運転履歴に問題がある場合の対処法

但し、運転履歴が芳しくない人は、タクシードライバーになる道が一律に絶たれてしまうということではありません。たとえば、交通事故を4年前に起こしたものの、以降は無事故・無違反を継続しているような場合、事故を教訓とし安全運転に徹している人物だとプラスの評価をしてもらえる場合もありますので、その旨を面接担当者にしっかりと伝えるようにしましょう。

もし、大手のタクシー会社では運転履歴の内容を理由に採用を断られたとしても、中小の会社であれば大目に見てもらえる場合もあります。あきらめずに応募してみると、道が開ける可能性が高まるでしょう。

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_m

Return Top