転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

終電を逃した人を客待ちして稼ぐには

終電を逃した人を客待ちして稼ぐには

大阪では景気の回復とともに、タクシー運転手の仕事が注目を集めています。仕事をした分だけ稼ぎに直結することが大きな魅力ですが、そのためには、お客様の行動パターンを把握しておかないと簡単に稼ぐことはできません。

タクシー運転手が繁華街で稼ぐには


景気の回復とともに、タクシーの需要が増えていることから、大阪などの都市圏ではタクシー運転手に転職を検討している人が増えています。タクシー運転手の最大のメリットは、お客様に乗車してもらった分だけ、稼ぎに直結することです。したがって、例え未経験者であっても、上手くお客様を捕まえることができれば大きな稼ぎに繋がります。加えて、大阪ではタクシー運転手が不足していますから、第2種運転免許証の取得費用を負担するタクシー会社も少なくありませんから、すぐにでも営業を始めることができます。
しかしながら、単にタクシーを梅田や難波といった繁華街で走行させても稼ぎには繋がりません。稼ぎに繋げるには、タクシーならではの営業方法を理解する必要があるのです。まず、基本的な営業方法としては、お客様が集まりそうな道路を走行する「流し」、ターミナル駅などで、順番にお客様を待つ「付け待ち」、会社からの無線でお客様の元に向かう「無線配車」があります。
大阪のタクシー運転手において一番の稼ぎ時は、週末深夜の梅田、難波の繁華街になります。この辺りの終電は概ね0時30前後ですから、それに乗り遅れた人々をターゲットにするのです。当然、このことは多くのタクシー運転手の知るところですから、戦略もなく梅田や難波周辺で流していてもお客様は捕まりません。僅かな時間の間に流しと付け待ちをバランスよく繰り返すことが必要であり、経験と勘が大切になる部分なのです。もちろん、ちょっとしたコツを覚えれば、経験の浅い人でもしっかりと稼ぐことは可能であり、タクシー運転手の醍醐味でもあります。
これからも、タクシー利用はさらに需要が大きくなることが予想されており、タクシー運転手は稼げる業種として注目を集めていきますが、真に稼いでいくためには、例えば、終電後のお客様の行動パターンを観察するなどして、戦略を練っていくことが大切ですし、言い換えれば、それができれば大きく稼げる魅力的な職種だと言えるのです。

梅田や難波といった繁華街でタクシー運転手が稼ぐには、終電直後を狙うことが大切ですが、ライバルが多いのも事実です。そこで、ライバルに打ち勝つためには、終電を逃してしまった人の行動パターンを把握することが大切であり、熟練した運転手は皆実践していることです。

Return Top