タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

ブランクがある人の転職にタクシードライバーがおすすめ!

ブランクがある人の転職にタクシードライバーがおすすめ!

仕事を退職した後なかなか再就職することができず、ブランクができてしまったと悩んでいませんか?そんな悩みを抱えているあなたにおすすめの職業が「タクシードライバー」です。

タクシードライバーは、未経験でも50代でも就職することができます。また、ブランクがあっても転職に差支えがないことがほとんどです。

ブランクがある人でも就職できるタクシードライバーについて説明していきましょう。

タクシードライバーはブランクがあっても転職できる

タクシードライバーは、車の免許さえあれば50代でも未経験でも転職することが可能な職業。もちろん、学歴も関係ありません。そのため、様々な業界を経験した人たちがタクシードライバーに転職しています。

では、転職する際に不利になりがちだと思われている、ブランクがある人の場合はどうでしょうか?

実は、ブランクのありなしや期間は、タクシードライバーへの転職においては関係ないことが多いもの。年代やそれまでの経歴問わず転職者を受け入れる業界であるため、ブランクがあっても転職できることが多いようです。

実際に、転職サイトなどで求人情報を見てみても、「ブランクがあってもOK」と書かれています。

ブランクの理由は話せるようにまとめよう

いくらブランクが関係ないとはいっても、面接の際に空白期間について質問されることがあります。そのような場合に備えて、ブランクの間何をしていたのかきちんと話せるようにしておきましょう。

採用側は、「働く意思がきちんとあるのか」、「継続して勤務してくれるのか」ということを見極める材料として、ブランク期間について尋ねます。企業側も採用するならば、すぐに辞めることなくきちんと働いてくれる人を採用したいという思いがあるためです。

空白期間に「アルバイトをしていた」、「資格取得のための勉強をしていた」などというエピソードは、タクシードライバーへの転職において不利になることはありません。むしろ、働く意思がきちんとあったと評価される可能性が高いもの。

ただし、そのようなエピソードがないからといって、職歴などでウソをつくのはNGです。ウソはいずれ相手にバレます。「転職活動をしっかりと行っていた」などというエピソードでも、採用側にしっかりと転職活動を行っていたという伝え方をすれば大丈夫です。ブランクに対して後ろめたさを感じずに、素直に話すようにするといいでしょう。

まとめ

タクシードライバーは、ブランクがある人にとってもおすすめの転職先。年代や経歴問わず様々な人を受け入れてくれる業界であるため、ブランクがあっても関係のないことがほとんどです。

面接において、ブランク期間のことについて素直に話し、タクシードライバーへの転職への熱意を採用先に伝えるようにしましょう。

Return Top