転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

自分に合った会社を選ぶ|タクシードライバーおすすめの会社とは

これからタクシードライバーを志す人が、数あるタクシー会社の中から、自分に合った会社をどのような視点で選べばいいのかを記してみます。

バリバリ稼ぎたい人は歩合給のウェイトが高い会社

タクシードライバーは、報酬に占める歩合給のウェイトが50~60%というケースが多く、乗客を乗せてたくさんの距離を走れば走るほど、報酬がどんどん増えていきます。例えば、外回り営業の出身で、顧客対応はもとより運転や地理にも自信があるというような場合は、歩合給のウェイトが大きめの会社を選ぶと、売り上げに比例して稼ぎも増えるのでおすすめです。タクシードライバーとして成功すれば、より稼ぐことができるのです。

【12月】自分に合った会社を選ぶ|タクシードライバーおすすめの会社とは

一方、あまり冒険はせずに、固定部分が多めの会社を手堅く選ぶという選択肢もあります。こちらは歩合で貰えるお金が少ない分、リスクも少なく安定した収入が見込まれます。また、事前に定めたノルマに到達できなかった場合に、歩合部分の全部あるいは一部をカットする足切り制度が存在します。これについても、適用条件を事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

入社祝い金や養成期間中の報酬が充実した会社

タクシー会社によっては、祝い金あるいは支度金という名目で、入社時にまとまった報酬を提供してくれるケースが見受けられます。また、入社してから実際に運転手として独り立ちするまでの期間は、最低限の報酬を保証してもらえるのが一般的です。その金額もタクシー会社によって差がありますので、事前に条件を確認しておくのがよいでしょう。

二種免許取得費用を負担してくれる会社

タクシー業界にはじめて就職する人にとって、二種免許の取得は避けて通れない最初の関門です。二種免許の取得には費用(10~20万円ぐらい)が掛かりますが、これをサポートするタクシー会社が多くなっています。

但し、せっかくサポートしても、短期間で退職されてしまってはタクシー会社にとっては損失ですから、勤務期間に一定の縛りを設けているケースが主流です。一方、二種免許取得時の自己負担はないものの、毎月の報酬の中から少しずつ天引きされているケースもあるようですので、事前に適用条件をしっかりと確認しておことをおすすめします。

マイカー通勤OKの会社

タクシー会社によっても異なりますが、タクシーの車庫となる営業所は、広大な敷地を必要とする特性上、鉄道の駅から離れているというケースが多々見受けられます。また、早朝出勤や深夜帰宅などが当たり前の仕事ですから、鉄道やバスが走っていない時間帯に通勤することが大前提となります。そのため、マイカー通勤が可能かどうかは、働きやすさに直結する重要なポイントといえます。

【12月】自分に合った会社を選ぶ|タクシードライバーおすすめの会社とは (2)

制服無償貸与の会社

タクシー会社は、制服を導入しているところが多くなっています。制服というぐらいですから、当然無償でもらえるものと思いきや、必ずしもそうとは限らないのが実情です。毎月少しずつ給与から制服代を天引きするレンタル方式や、買い取り方式の会社もあります。後で揉めることのないよう、事前にきちんと確認しておくようにしましょう。

Return Top