タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

20代の転職にタクシーはあり?なし?

20代の転職にタクシーはあり?なし?

20代の転職で、あなたが大切にしたいものは何ですか?ブラックな仕事から卒業したい、スキルアップを目指して全く違う業界で活躍してみたい。様々な思いが巡る中で、ライフワークバランスを大切にしたい場合はタクシードライバーがおすすめです。

ここでは、20代からの転職になぜタクシードライバーがおすすめなのか、その理由について詳しく解説します。

20代からの転職にはタクシードライバーがおすすめ

職場の人間関係が面倒、毎日残業して夜遅く帰宅する生活に疲れてしまった、そんな方でもタクシードライバーなら安心して長く働くことができます。

もう転職で後悔したくないならタクシードライバーになろう

就職した会社や同僚、または上司と相性が悪く後悔しているのなら、事務所内に縛られず自由に働けるタクシードライバーの仕事がおすすめです。

タクシードライバーになれば、基本的に一日中お客様とのやり取りとなりますから、社内に相性の悪い人がいてもあまり関係ありません。

同僚と深い付き合いをするのが苦手な人、オフィスに居るのが苦手な人にとって、タクシーの運転業務はストレスなくできるでしょう。

20代の業界未経験でも大丈夫

「でも運転業務をしたことがないし…」という方でも大丈夫です。20代の業界未経験者でも、転職回数に関係なく、少しの努力でタクシードライバーになれるでしょう。

タクシードライバーになるためには、まず二種免許が必要です。免許の取得をサポートしてくれる会社も多くありますので、不安な方は免許取得サポートのある会社に応募してみましょう。

20代のタクシードライバーが増えている理由

20代でタクシードライバーになるのは若すぎる気がする、という方も少なくないでしょう。しかし今、20代のタクシードライバーが増えてきています。なぜ若いタクシードライバーが増えているのか、その理由について見ていきましょう。

正社員になれる

タクシードライバーの魅力は、なんといっても「どんな人でも正社員になれる」という点です。タクシードライバーであれば、転職回数や年齢に関係なく、社会保障の手厚い正社員として働ける可能性があります。

転職を繰り返していたり、就職に役立つ資格を持っていなかったりする場合、現実的に転職先は限られてきます。その中でも待遇や給与の良い仕事に就きたいのであれば、タクシードライバーが選択肢に入ってくるのです。

歩合給だから頑張った分だけ給与に反映する

さらに、タクシードライバーは歩合制を取り入れている会社が多いため「頑張りが給与に直結する」点も見逃せません。毎月一定の給与しかもらえない会社員よりも、歩合制のほうがやる気が出る人も多いでしょう。

歩合制はきついように思うかもしれませんが、給料日には毎月自分の頑張りを実感できます。

まとめ

何度も転職を繰り返している、残業のない仕事に就きたい、そんな方にとって、タクシードライバーは長く働ける良い職業となる可能性があります。

運転業務未経験でも大丈夫。研修や免許取得サポートなどのある会社に就職することで、立派なタクシードライバーに育て上げてもらえますよ。

Return Top