転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

神奈川県のタクシー運転手が気をかけるべき道路事情

神奈川県のタクシー運転手が気をかけるべき道路事情

神奈川県は横浜市を中心に川崎、湘南、鎌倉などビジネス、観光とも発展している地域ですからタクシーの利用客が多いことでも有名です。そのため、タクシー会社への転職を考えている人も少なくありませんが、成功するためには乗務員として注意すべき点などをリサーチしておく必要があります。

タクシー運転手が常に把握しておくこと


優良なタクシー会社を探すためには、専門の転職サイトを利用することがおすすめです。転職サイトには地域別に様々な会社の求人情報が掲載されており、希望する労働条件の絞り込みも簡単です。その際、注意しておきたいのが、給与面だけで判断しないことです。運転手の仕事は、深夜勤務もあり交通事故の心配もあります。したがって、仮眠設備が完備されているのか、万が一交通事故に巻き込まれた場合の保険制度は充実しているのか、といった点もタクシー会社を選ぶ際にはしっかりとチェックしておく必要がありますので、転職サイトのコンサルタントに相談してみると良いでしょう。
さて、タクシー会社に転職したいと考えている人が、一番不安に感じていることが、地理の問題です。例え、神奈川に住んでいたとしても、その全域を知り尽くしているわけではありませんから、当然のことですが、神奈川であれば地理試験に合格しなければなりませんから、優良なタクシー会社であれば、研修期間を取って指導してくれますので心配ありません。ただし、主要な観光地や駅、ビジネスビル等を知っているだけでは大きな実績を上げることはできません。
タクシー運転手の使命は、お客様を安全かつ迅速に目的地に送り届けることですから、地域の高速道路の渋滞状況や新たな道路の開通予定、さらには一般道の道路整備予定も把握し、必要に応じて迂回路を利用するなどの手立てができるようにならなければなりません。こういった情報を仕入れるためには、ラジオなどの交通情報に常に関心を持つとともに、国土交通省のホームページをチェックすることが大切です。
例えば、現在、横浜湘南道路の建設が進んでいますが、これに伴う国道1号線の交通規制に関する情報については、事前にアップされていますので、予め迂回路を確認しておくとお客様にご迷惑をおかけすることはありません。さらに、花火やコンサートなどのイベントが開催された際の道路状況も事前に把握しておくと良いでしょう。


神奈川でタクシー運転手になるためには優良なタクシー会社に勤務することが大切ですが、常にお客様を安全かつ迅速に目的地に送り届ける使命があることを忘れてはなりません。そういった観点から言えば、地域の高速道路の渋滞状況や道路整備予定などは、事前に把握して迂回路を確認しておくといった準備は不可欠です。

Return Top