タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシードライバーの仕事には、コミュニケーション能力が必要?

タクシードライバーの仕事には、コミュニケーション能力が必要?

タクシードライバーと聞いて、1日中ひたすら運転をしているイメージを持つ人も多いでしょう。やりがいが少なく、孤独でストレスがたまりそうだと思われがちです。

しかし、意外とやりがいを感じられる仕事でもあります。また、コミュニケーション能力が必要とされる場面も多いです。

タクシードライバーのやりがいって?

タクシードライバーは1日の勤務時間が長いですが、勤務時間中ずっと運転しているわけではありません。

実際は休憩も適度に取れるようになっています。1日の勤務時間が長い分だけ、休日も多いのも特徴です。1ヶ月のトータルの労働時間で見ると、一般のサラリーマンとさほど変わらないでしょう。

また、タクシードライバーの仕事は、お客さんとコミュニケーションを取る機会も多いです。実際に自分がタクシーを利用したときには、ドライバーと軽く世間話をすることがよくあるでしょう。

お客さんと話をして楽しんでもらうことで、やりがいを感じているタクシードライバーも多いです。孤独に感じることもあまりないでしょう。

タクシーを利用するお客さんにお礼を言われることもよくあります。急ぎの用事に間に合ったときなどは、かなり感謝されるでしょう。お客さんの喜ぶ顔を見て、タクシードライバーの仕事にやりがいを感じている人も多いです。

タクシードライバーに向いているのはどんな人?

タクシードライバーは勤務中は同僚や上司と接する機会が少ないため、コミュニケーション能力にあまり自信のない人が就こうとするかもしれません。

しかし、お客さんと接する仕事であるため、コミュニケーション能力は欠かせません。特に地域に関する話題でコミュニケーションを取るのが得意な人に向いているでしょう。

道を覚えるのが得意な人や、長年その地域に住んでいて地域の地理に詳しい人も、タクシードライバーに向いているタイプです。

歩合制の場合には、同じタクシー会社でも稼げる人とそうでない人とで差が出ます。稼げる人は、人の流れや車の流れから、どこに行けばお客さんを拾いやすいか見極めていることが多いです。そのため、洞察力が欠かせません。

洞察力が高い人は、お客さんを拾いやすいだけでなく、事故に遭う確率も低いです。自分が交通違反をしないことはもちろんのこと、もらい事故なども回避できるでしょう。

そして、1日の勤務時間が長いため、体力も大事です。重い荷物を運んだり、工事をしたりする仕事と比べれば体力は使わない方ですが、人並み程度の体力がないと厳しいでしょう。特に歩合制の場合には、体力がある人の方が有利です。

まとめ

タクシードライバーの仕事は、意外と人と話をすることが多いです。コミュニケーション能力の高いタクシードライバーなら、お客さんも心地よく乗っていられるでしょう。洞察力に優れていて体力にも不安がなければ、タクシードライバーに向いているかもしれません。

Return Top