転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシー運転手は二種免許が必須条件です。

タクシー運転手は二種免許が必須条件です。

タクシー運転手に転職しようと思う人が躊躇する一番の理由は二種免許かもしれません。その次の理由は歩合制であることです。それまで固定給で働いていた人にしていますと、歩合給は不安を感じる要因です。それらについて説明いたします。

タクシー運転手には研修制度があります。


タクシー会社へ転職するには二種免許を取得する必要があります。ですが、ほとんどのタクシー会社は会社が費用を負担する形で二種免許を取得させてくれます。タクシー会社の求人情報をご覧になりますと、ほぼ全部のタクシー会社がそのように書いています。個人差がありますが、2週間から1ヶ月で取得するのが普通です。
しかし、タクシー業界未経験者は免許に関する不安がなくなっても次に不安に感じるのは歩合給についてです。転職の際に給料をチェックするのは普通ですが、その求人内容に歩合給の文字が書いてあったなら不安を感じて当然です。基本的にタクシー会社は歩合給が普通ですのでその点だけで転職先から除く人がいますが、それは早計です。
タクシー業界の未経験者は「売上げがゼロ」の確率について考えがちですが、それは杞憂です。確かに、数字上の確率としては「ゼロ」の可能性もあり得るわけですが、現実的ではありません。もし、ゼロが続くのであれば求人募集など行わないと考えるのが普通です。そもそもタクシー会社自体も運転手の給料がゼロということは会社も収入がゼロということですので現実的ではないのです。
タクシー会社にはそれぞれ研修制度というのがありますが、その研修をしっかりと身につけるなら普通の収入は確保できるようになっています。もちろん、働かなければ収入は発生しませんが、それは普通の社会人であるなら当然と考えているはずです。歩合給はこのようにとらえるのが正しい見方です。
タクシー会社の求人情報には研修制度についても書いてありますのでその部分を丁寧に読むのも大切です。しかし、それだけではわかりにくいときは遠慮なくタクシー求人サイト転職道にご相談ください。タクシー業界についていろいろな情報を蓄積しておりますので的確なアドバイスができると自負しています。
ほんの些細な質問や不安な気持ちでも構いません。ご相談者に寄り添った回答をできると確信しております。

最終的には自分が納得できることが一番の解決法です。不安を感じていても行動を起こさなければ不安がさらに大きくなり正しい判断ができなくなります。タクシー業界への転職を少しでも考えたときはお気軽にご相談ください。お待ちしております。

Return Top