タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

激安価格のタクシーについて|減少傾向にあるその現状とは

激安価格のタクシーは減少傾向?


激安価格のタクシーは2000年頃に登場し始めました。

ですが、価格競争や、タクシー運転手の労働環境が悪化する恐れ、安全運転に支障が出るという指摘があり、近年は規制強化による激安タクシー減少の流れになっています。

激安価格のタクシーは、お客様にとって嬉しいですが、その分競争が激しくなる可能性もあり、タクシー運転手の間では大きな話題となりました。

近年は規制強化も行われ、激安タクシーは減少しています。

一方では、国が決めた運賃幅に不満を持つ激安タクシー会社が裁判を起こすいったことも起こっています。

規制強化でも激安タクシーが勝訴

国は2014年にタクシーの価格競争の激化の是正を目的とした、規制強化を行いました。これまで激安運賃で運営してきたタクシー業者にとっては大きな問題です。

激安タクシーは減少しましたが、業者によっては規制強化を黙って受け入れるわけではなく、国を相手に裁判を起こしています。

裁判の結果は国の敗訴が続いている状況です。

敗訴の理由は、これまできちんと許可をとって激安タクシーを売りに営業してきたタクシー業者・運転手にとっては不利益となる可能性があるのに、それを考慮していなかったためです。

国としてはタクシー業界の労働環境やお客様への安全面を考えた規制でしたが、規制強化によるタクシーの利用者減少という事態ももちろん考えなければいけません。

ただ価格と労働環境の両立は難しいところです。激安タクシーの運営業者も、安い料金を提供するためのさまざまな工夫・努力があったでしょう。

国とタクシー会社、共に納得できていない、というところが現状です。

近年はスマートフォンのアプリでタクシー配車が可能

このような流れの中、お客様がタクシーを利用しやすい新たなサービスも生まれています。

お客様としては、できるだけ安くタクシーを利用したいと思うでしょう。

とは言っても、初乗運賃は国で決められていることや、タクシー業者によっても料金の設定はさまざまななので「タクシーは利用しにくい」と感じている人も多いはずです。

そこで登場したのが、お客様に「ちょっと使ってみようかな」と思ってもらえるサービスです。例えばスマートフォンのアプリを使ったタクシーの配車。

アプリを使ってタクシーの配車を依頼すると、電話で依頼するのと同様にタクシーが手配されます。

そして、支払いは現金以外にもクレジットカードやネット決済など、幅広い方法が選べるのも特徴です。

また、国が都市部で相乗りタクシーを解禁する検討を進めています。相乗りタクシーは目的地が近いお客様を引き合わせ、効率的なルートで目的地まで行く仕組みです。

お客様にとって激安料金はもちろん魅力的ですが、料金だけでなく、サービスの内容で利用されるタクシー業界を目指したいですね。

Return Top