致命的な病気になっても雇用継続は可能か?タクシー知恵袋「タクシー知恵袋」

タクシー求人転職道.COM

  • 社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会 賛助会員
  • 社団法人 関東自動車無線協会 賛助会員
  • 厚生労働省許可 13-ユ-301308
0120-628-886
通話料無料! 気軽にご相談ください!

タクシー知恵袋

気になるキーワードを入力して検索してみよう!

キーワードで探す
都道府県で探す
       
       
       
       
     

致命的な病気になっても雇用継続は可能か?タクシー知恵袋

タクシー運転手として働くにあたって不安なことがあります。
年齢を重ねていくうえで当然体も弱っていくと思いますが、高血圧・糖尿病・がんなど運転手としては致命的な病気を発症するとこも考えられます。
各会社も健康診断をして早期発見して治療させると思いますが、運転手として乗務できないとなるとやはり退職という形になってしまうのでしょうか。
それとも事務など支障がでない範囲で雇用継続という可能性もあるのでしょうか?

  • 質問者:
    koo
  • 回答日時:
    2017/09/19 11:29:49
  • 回答数:
    2
  • カテゴリ:
    勤務

回答

回答の並び替え
  • ご指摘の通り、半年に一度の定期健康診断を行い、その結果に伴い治療等の指示を行っています。万が一乗務ができない診断が出てしまった場合、各社で判断は異なるかと思いますが、当社では自動的に退職と判断は致しません。無理に乗務を続けず、しっかり治療に集中し、乗務可能である診断が出れば乗務を再開して頂きます。なお、治療中については「傷病手当支給制度」もありますので、全く収入が途絶える心配はありませんのでご安心ください。

    昭和自動車株式会社
  • 日の丸リムジンです。残念ですがタクシー乗務員として雇用契約されている以上、産業医から乗務不可と判断されたなら、退職となります。KOOさんが、運行管理者資格があれば、内勤と言うことも考えられると思います。

    株式会社日の丸リムジン