タクシー会社の給料形態について|タクシー知恵袋「タクシー知恵袋」

タクシー求人転職道.COM

  • 社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会 賛助会員
  • 社団法人 関東自動車無線協会 賛助会員
  • 厚生労働省許可 13-ユ-301308
0120-628-886
通話料無料! 気軽にご相談ください!

タクシー知恵袋

気になるキーワードを入力して検索してみよう!

キーワードで探す
都道府県で探す
       
       
       
       
   

タクシー会社の給料形態について|タクシー知恵袋

質問お願いします。
基本給が高くない会社はインセンティブが多く頂けるのでしょうか?

  • 質問者:
    未来のドライバー
  • 回答日時:
    2017/02/15 15:20:31
  • 回答数:
    1
  • カテゴリ:
    お給料
  • 対象エリア:
    大阪府

回答

回答の並び替え
  • 理論上はおっしゃる通りですが、タクシー会社の基本給はどこの会社もほぼ同じだと思います。基本給=一か月あたりの総所定労働時間×時間給(都道府県ごとの最低賃金程度)ということになります。例:タクシーの勤務形態が朝から翌日の明け方、いわゆる隔日勤務の場合。1日の所定労働時間(残業を含まない)が14時間、月の乗務数が12回、時間給として¥1,000と規定されている場合の基本給は14×12×1,000=¥168,000となります。
    それに対して、タクシーの給料は歩合制を採用している会社が多いのですが、言葉よりも実際の金額で説明をしますと、月の売り上げが¥600,000で、それに対する賃金率が60%の場合。※通常売り上げが高くなれば賃金率が高くなり、下がれば賃金率も下がります。また、賃金率は会社ごとに設定しているものですが、あまり大差はないでしょう。
    上記の場合、¥600,000×0.6=¥360,000←これが給料の合計となります。
    どちらがどのように支払われるかは次の式になります。
    給料=基本給¥168,000+深夜手当+残業手当+その他諸手当+能力給(インセンティブ)=¥360,000ーとなります。
    各社ごとに細かい規定はありますが、ほとんどの会社は上記の形として給料を支払っていると思います。
    求人票には基本給を記載しなければいけないので、実際の給料との差が多いことで不安に感じられる方も多いのは事実だと思います。
    また、上記の歩合給と基本給を両方もらえると思われている方もいらっしゃると思いますが、そういうことはございません。

    日立自動車交通第二株式会社