退職時に会社からもらう必要がある書類と返却すべきもの

タクシー求人転職道.COM

  • 社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会 賛助会員
  • 社団法人 関東自動車無線協会 賛助会員
  • 厚生労働省許可 13-ユ-301308
0120-628-886
通話料無料! 気軽にご相談ください!

退職時に会社からもらう必要がある書類と返却すべきもの

退職の手続きは退職届を提出し、会社から承認をもらえばそれで終わりというわけではなく、会社からさまざまな書類を受け取ったり、返却したりする必要があります。これらは転職や失業給付金の受け取りなどで必要となるものも含まれていますので、必要書類にどんな意味があるのかしっかりとおぼえておきましょう。

会社から提出してもらう必要がある書類

会社から提出してもらう必要がある書類は以下の通りです。

源泉徴収票

新しい転職先でも所得税の計算をしなければなりません。そのため前の会社の給与情報が必要になります。また、再就職しないまま年をこえる場合は、税金や還付の手続きなど、自分で確定申告をしなければなりません。

このような場合に源泉徴収票が必要になるので、退職の際には会社からしっかりと受け取っておくようにしましょう(場合によっては退職後郵送されることもあります)。

年金手帳

厚生年金手帳は、入社した際に作られ、在職中は会社が預かっています。転職先でも必要な手帳ですから、退職時には必ず会社から受け取ってください。

雇用保険被保険者証

雇用保険に加入していることを証明する書類で、保険者番号などが記載されています。新しい就職先で提出する必要があるので、転職先が決まるまで大切に保管してきましょう。雇用保険被保険者証は年金手帳と一緒に返却される場合が一般的です。

離職票

失業給付金を受けるために必要な書類で、これを持ってハローワークで手続きをすることで失業認定を受け、雇用保険の失業給付金を受けることができます。離職票は退職後10日程度で郵送されるのが一般的です。2週間経過しても届かない場合は会社に問い合わせてみてください。すでに新しい就職先が決まっており、失業給付金を受けない場合、離職票は不要です。破棄してしまってもかまいません。

退職証明書

場合によっては新しい就職先から「退職証明書を提出してください」といわれることがあります。これは本人が本当に退職しているか、前職に偽りがないかといったことを確認するためです。不安であれば退職時に一部もらっておきましょう。

会社へ返却すべきもの

会社へ返却すべきものは以下の通りです。

健康保険証

健康保険は加入者が退職した時点でその効力がなくなります。ご自分のものを含め、扶養家族分の保険証も返却してください。すぐ転職する場合であれば、新しい会社で健康保険に加入できますが、次の転職先を探すまで時間がある場合は、継続して今の健康保険に入ることができる任意継続被保険者制度を利用するか、国民健康保険に加入しなおすなどしましょう。

なお、国民健康保険に加入するためには「健康保険被保険者資格喪失確認通知書」が必要です。一緒にもらっておきましょう。

会社から借りていたもの

社員証などの身分証明書、名刺、IDカード、鍵、制服、パソコン、携帯電話、定期券、その他の備品など、会社から借りているものはすべて返却するようにしましょう。制服など身につけるものはクリーニングをして返却するのが基本です。

また、設計図やその他機密文書は会社資産となっているものがほとんどです。たとえば自分が開発、手がけたものとはいえ、データを持ち帰ったり、転職先で使用したりしてしまうと、後々訴えられる可能性も否定できません。十分気をつけるようにしましょう。


いかがですか。特に会社から提出してもらう書類は、とても重要な役割を持つものが多く、ないと後々とても面倒なことになります。退職時は上記の書類があるか、返却するものは漏れなく返却できたか必ず確認するようにしてください。