転職に失敗! すぐに再転職してもよいの?

タクシー求人転職道.COM

  • 社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会 賛助会員
  • 社団法人 関東自動車無線協会 賛助会員
  • 厚生労働省許可 13-ユ-301308
0120-628-886
通話料無料! 気軽にご相談ください!

転職に失敗! すぐに再転職してもよいの?


一度転職をしたのに、またすぐに新しい会社を辞めたいと思ってしまったらどうすればよいのでしょう? 第一にいえることは、一時の感情に任せて行動せず、「とりあえず冷静になって考えること」です。ここでは転職に失敗したと思ったあとの再転職に関するあれこれについて考えます。

すぐに再転職しないほうがよい理由


転職をしてはみたものの思い描いていたイメージとのギャップがあったからといって、すぐに会社を辞めてもう一度別の会社を探すのは少々考えものです。もちろん、再度転職を試みるのは自由ですが、一般的にはあわてないほうがよいということが多いです。理由は下記の通りです。

・すぐに再就職をするのは難しい


転職してすぐその会社を辞めてしまうということは、またもや転職活動に労力を費やさなくてはならないということです。

しかも、一度転職してすぐに辞めたことが新たな経歴となり、書類選考ではねられる可能性も高くなります。採用する企業にしてみれば、中途採用してすぐに辞められてしまうことは最も避けたいことです。転職に失敗した人が自分の会社に入ってきても、また少し不満を感じれば辞めてしまうのではないかと捉えられるのは致し方のないところです。運よく書類選考を通っても、面接で確実にすぐに辞めた理由を聞かれます。そこで面接官を納得させられなければ、やはり大きなマイナス評価となってしまうでしょう。


・同じ失敗をする可能性が高いとみなされる


転職活動をしている人の中に、実際に短い期間ですぐに会社を辞めてしまう人が一定数いるのも確かです。企業は何度も転職を繰り返す人はやっかいだと考えています。

理想と現実のギャップに不満を持ち続け、自分の「天職」を求めて何度も転職をしてしまう人は「青い鳥症候群」とも呼ばれます。自分はそうではないという人にとっては腹立たしいことかもしれませんが、だとすれば自分は安易な気持ちで転職を繰り返そうとしているわけではないということをわかってもらう努力が必要になるでしょう。

・いまの職場のよいところが見えていないだけの可能性がある


メーテルリンクの「青い鳥」の童話は、自分たちが飼っていた鳥こそが青い鳥だったと気づいてラストを迎えます。現実にも、案外、いまいる環境こそが自分にとって適した場所なのかもしれません。

始めは違和感があっても徐々に周囲の環境になじんでいき、自身の努力で環境を変えられる可能性だってあります。よいところを探そうと思えば絶対に一つや二つはあるはずです。

逆に何もかもが完全な職場など世の中にはまずないでしょう。ですから、いまの会社でもう少し続けることはできないのか、もう少し慎重に考える必要があります。

どうしても決心が変わらなかったら……?


2度目となる早期転職は、上でも述べたように不利な状況に陥るというリスクを背負い込むことを意味します。しかし、リスクがあることがわかった上で、それでも自分にとって転職することにメリットがあると判断するのなら、そのときは思いきった行動をすべきでしょう。

転職をすると決めたのならずるずるといまの仕事を続けるのではなく、早く動いたほうがよいことも事実です。最もよくないのは中途半端な気持ちのままダラダラと無駄な時間を過ごしてしまうことです。


再転職を考えるときに大切なのは、一度、自分が置かれている状況、いまいる会社のよいところ、悪いところ、自分自身の気持ちについて冷静に考えることです。再転職を考えている方はこの記事をぜひ参考にしてください。