40代、50代の再就職を成功させるには

タクシー求人転職道.COM

  • 社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会 賛助会員
  • 社団法人 関東自動車無線協会 賛助会員
  • 厚生労働省許可 13-ユ-301308
0120-628-886
通話料無料! 気軽にご相談ください!

40代、50代の再就職を成功させるには

40~50代の再就職は難しいのでは、と思ってはいないでしょうか。実はこのご時世で、そのようなことはありません。ただし40~50代の再就職には20~30代の若手とは違った能力が求められます。そのことさえ押さえておけば、就職活動は決して難しいものにはならないはずです。

40代・50代の再就職で求められることを理解する

企業は、40~50代にはすでにスキルや知識、そして経験があるものとしてみなしています。これから自社で育てるということは考えていません。ビジネスマナーも含め、あらゆる面で最初から完成された人材として迎えられることを念頭に置いておきましょう。

40~50代の場合、再就職後に事業部長などの管理職、マネジメント職を任されることが多いようです。部下を統率し、管理・指導できるだけの能力や経験を有していることが望まれます。ときには将来の幹部候補としてみられる場合もあるので、管理職などの経験がある人は採用試験でアピールしてください。

しかし、それだけではなりません。指揮を執るだけでなく、自身も現場で活躍する意思をみせましょう。40~50代ともなれば、どのような組織の中でも通用するコミュニケーション能力を持っているとも判断されます。新しい組織に自ら溶け込んでいける人材であることを押し出していくと良いでしょう。

人脈を最大限に活用する

40~50代の武器は、長い人生で築いてきた人脈です。さまざまな形で最大限に活用しましょう。例えば営業であればそれまで培ってきた顧客や取引先は、あなたの大切な財産です。退職後もあなただからこそ、仕事を任せたいという人は多いでしょう。

そしてあなたが持つ人脈は、企業からすると大変魅力的です。とくに同業他社の場合は大口の顧客の獲得にもつながるため、採用確率はアップするでしょう。

また、人脈を駆使して就職活動することもできます。あなたがどんな企業を希望していて、どんな条件を望んでいるのかよく知っている人物なら、適した職場の紹介や情報提供をしてくれるかもしれません。中途採用を実施していない企業に入るチャンスがあったり、通常とは違うルートで採用してもらえたりする可能性もあります。

今までのキャリアを活かす

40~50代のもうひとつの武器は、今まで培ってきた専門的な知識や特殊な技術です。これまでの長い人生で築いたキャリアを活かせる再就職先を探しましょう。前職と同じ業界なら、その分野のプロフェッショナルとして活躍できます。場合によっては、その会社の誰よりも高い知識やスキルを持つことになるかもしれません。業界に精通した人材として重宝されるはずです。

また前職と異なる業界でも、キャリアを活かすことは可能です。前職が営業職であればコミュニケーション力は人一倍優れていることになりますし、事務職なら経営や数字に強いことになります。自身の武器となる部分を磨きアピールしていきましょう。


かつては終身雇用制が当たり前でしたが、現代では転職や再就職が一般的な時代です。40代~50代の再就職も珍しくありません。この年代だからこそ求められていることを理解し、これまでの人生で得たものを存分に活かしながら再就職活動をしていきましょう。