生活保護と失業保険の違いについて

タクシー求人転職道.COM

  • 社団法人 全国ハイヤー・タクシー連合会 賛助会員
  • 社団法人 関東自動車無線協会 賛助会員
  • 厚生労働省許可 13-ユ-301308
0120-628-886
通話料無料! 気軽にご相談ください!

生活保護と失業保険の違いについて

会社を辞めた際に生活資金を得るための手段としては失業保険で給付を受ける方法が一般的ですが、生活保護を受けるという方法もあります。両者は似たような制度に見えますが、実は大きな違いがあります。

今回は生活保護と失業保険の仕組みや違いなどについてご紹介したいと思います。

生活保護とはどんな制度?

日本では「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という日本国憲法の第25条に基づいた、生活保護法という法律があり、最低限の生活ができる保障制度が定められています。

たとえば、病気やケガで働けなくなったり、介護や育児などさまざまな理由で生活が困窮したりした場合に、生活資金を保障してくれる制度を生活保護といいます。

生活保護を受けるための条件

生活保護を受けるためにはいくつかの条件があります。もっとも重要な条件は「自分が働きたくても働けない」というものです。具体的には母子家庭で働きに行けなかったり、ケガや病気で動けなかったりする状況のことです。

次に資産を持っていないことも条件です。貯金や土地、生命保険や高価なものなどを持ったまま生活保護を受けることはできません。また援助してくれる親族や身内がいないことも条件のひとつです。「働けるけどいい仕事がなかなか見つからない」などは理由にはならず、生活保護の対象外です。

最近では虚偽の申請により生活保護費をだまし取ったり、本当に必要な世帯で生活保護が受けられなかったりと、生活保護に関するトラブルも多くなっているようです。

生活保護はどんな保障が受けられる?

生活保護の保障内容としては、生活・教育・医療・住宅・介護・生業・出産・葬祭扶助の8つの項目に分かれています。生活は食費や衣服代など生活資金が支給されます。

教育では学費や学用品の購入資金、医療では医療費や薬代の支給、住宅では家賃代の支給など、その世帯の生活内容に応じた種類の資金が支給されます。あくまで食べていくための支給となるので、旅行や趣味などの娯楽費用などといった項目はありません。

生活保護を受けることのデメリット

生活保護を受けた世帯は、原則として貯金することはできません。また、新たに借金などをすることもできませんので、ローンでものを買ったり、クレジットカードを申し込んだりすることもできなくなります。

自動車も資産扱いされますので、車に乗ることもできなくなる(通院や通勤などに必要であれば使用可能)など、いくつかの制限もあるので注意してください。

失業保険はどんな制度

失業保険は「仕事を辞めて、新しい仕事を見つけるまでの生活資金を給付してくれる」制度です。万が一失業してしまっても、当面の生活費は国から支給してもらえるので、就職活動に専念できるのがメリットです。生活保護とは違い、一定の条件を満たせば生活に困窮してなくても受給することができます。

失業保険の給付を受けるための条件

失業保険(雇用保険)は入社すると加入することになり、最低でも1年以上働くことが給付を受けるための条件となります(会社都合で退職した場合は6ヶ月以上)。

さらに、再就職したいという意思も必要で、就職活動をしているけれど、なかなか決まらない状態であることが条件となります。生活保護とは違い、年齢や保険加入期間によって支給される期間が決まっています。仕事が決まらないからと言って、長期間支給を受けるということはできません。

生活保護と失業保険を同時に受けることは可能?

失業保険の給付金は課税対象外となるものの、厳密には収入扱いとなるので、生活保護と失業保険を二重に受け取ることはできません。しかし、それでも生活が困難な場合で、失業保険支給額を生活保護費が上回る場合は、差額を支給される例外もあります。

生活保護は「働きたくても働けない、働いても生活できない」という方への支給であり、失業保険は「次の仕事が見つかるまでの生活費」という大きな違いがあります。

いかがですか。上記を参考に、退職後は自分の状況に合わせて生活保護と失業保険のどちらを申請するか考えてください。