転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシー運転手のスキルアップ|地図の読み方と活用法

紙媒体の地図に親しむ

5b4571659375de48cb6db9dcd7642f7c_m
地理に詳しくなるためには、地図を気軽な存在として親しむことが一番早い方法ではないでしょうか。

とは言うものの、いまや地図といえば、パソコンやスマートフォン、タブレット端末で見るインターネット地図や、あるいはカーナビゲーションの画面に出てくる電子マップが主流となっています。かつて多くのマイカーに備えられていた紙媒体の地図は、持っていない人のほうが多い時代です。

もちろん、デジタルマップや紙媒体の地図分厚いページをめくって見るタイプの地図のいいですが、今回は一枚の巨大サイズの紙に地図が印刷されているものをおすすめします。なぜならば、その地図に収録されているエリアの全体像を容易に見ることができるからです。

インターネットの地図やカーナビの地図でも全体像は見ることができますが、広域地図を表示した場合は、主要な道路とわずかな施設、地名しか表示されず、多くの情報が割愛されています。

縮尺を変更すれば細かい情報も表示できますが、そうすると今度は広域の情報が把握しづらくなります。一方、巨大サイズの紙地図であれば、細部も容易に見ることができますし、広域の状況も簡単に知ることができます。

そのため、道路がどこからどこまで繋がっているか、細い道がどのあたりで主要道路に接続しているかといった情報を認識しやすいのです。結果、細部の情報も大枠の情報もうまくミックスして脳内に記憶しやすくなります。

地図を見ずにタクシーを運転する場合でも、カーナビの広域地図には表示されないような細い道をうまく使って、幹線道路の渋滞を回避するといったスキルも身につきやすくなります。

電子地図も活用する

b4d6cd7a63b6c95a78c0896db23dfefb_m
紙媒体に親しんだうえで、今度はインターネット地図やカーナビ内蔵マップといった電子地図を併用して活用すると、より地理に精通できるでしょう。

ネット上の地図には、道路や沿道の風景を映した写真を閲覧できるものもあります。

例えば、通常の道路地図では、その地点や道路が平地なのか傾斜があるのかが分かりづらいものですが、地形図を見れば比較的容易に確認することができます。また、紙媒体の地図にはない特徴として、電子地図には強力な検索機能やルート探索機能が備わっていることが挙げられます。

さまざまな施設や地名などを検索し、位置関係や道路環境、あるいは行き方などを検証しておくとよいでしょう。そうすることで、タクシー乗務時に必要となる地理に関するスキルを向上することができます。

Return Top