転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

乗客の安全を守る。安全運転のために実施出来ること

事故は起きるものと考えて予防策を講じる

タクシー運転手は、乗客を安全にお送りするために何ができるか、あるいは何をすべきなのかを考えてみることにしましょう。
3a4e491b8a547d9f33e1b99ebaa31c75_m
タクシーは安全運転に気を配るのが課せられた義務であり使命です。しかし、自動車社会においては交通事故を完全に防ぐことは、残念ながら難しいことも確かです。「私は絶対に事故を起こしません」という意識を社内に徹底している企業もあります。

しかし、運転技能不足や身体の疲労による運転ミス、勘違いや思い込み、あるいは怒りや焦りなど精神的な要因による判断ミスをすることもあります。そういった人間の弱点を認識し、事故を起こさないという強い意志とともに、「事故は起きるものだが、いかにして事故の確率を下げるか」を考え、予防策を講じておくことが大切です。

新人ドライバーに起こりがちなミスを認識しておく

タクシーに限らず、何事も初心者のうちは、1つのことに取り組むので精いっぱいで、付随する他の確認項目を含めた同時並行処理が、おろそかになりがちです。

とくに、タクシードライバーになりたての頃は、路上でタクシーが来るのを待っている見込み客を探すだけでも精一杯です。前方の歩道上で急に手を挙げてタクシーに合図した見込み客を見つけた際、後方や側方の安全確認をせぬまま慌ててタクシーを左に寄せてしまい、接触事故を起こすといったケースが多発する時期です。

それ以外にも、地理に不案内であったり、乗客との会話もぎこちなかったりと、新人ドライバーならではの気苦労が多く、安全運転に細心の注意を払う余裕がない時期でもあります。そういった新人ドライバーが取るべき安全対策は、安全確認を含めた一連の動作を心と体に早期に覚え込ませることです。実車の運転を通じて慣れるだけでなく、イメージトレーニングなども併用し、心と体が安全確認をスムーズにおこなえるようにしましょう。

また、タクシー会社も、新人に過度な業務を押し付けることはせず、心と体にゆとりを持って業務に専念できるよう、特段の配慮が求められます。

ルールを順守する

タクシー会社は、交通法規や運輸法令を遵守することを条件に、国から事業認可を得ています。当然、所属するタクシードライバーにも、法律の順守を徹底させることが求められます。

そのため、日々の業務に出かける前には、運行管理担当者とドライバーが対面して点呼をおこない、法律順守の意識付けを行いますし、車両の運行前点検なども日課として行います。加えて、社内において定期的に法律に関する研修を行っています。

しかしながら、実際に法律が守られているかというと、必ずしもそうではありません。スピード超過や信号無視、一時停止無視などの違反も度々見かけます。そういった違反の兆候は、タクシーに取り付けたタコグラフ(運行記録計)の分析によって、ある程度の把握が可能です。たとえば「速度超過が多い」「急発進や急ブレーキが多い」といった運転傾向を見つけることで、法令順守意識の低さを把握し、個別に指導していく必要があります。

シートベルト着用は乗客の命綱

574bbaf0c70e9ef97a6d94a56491c34f_m
ここまでは、タクシー会社やドライバー側の努力や意識付けによる安全確保の方法を紹介しましたが、不幸にも事故が起こってしまった場合の乗客の命綱は、やはりシートベルトです。これを乗客が着用しないことには、乗客の安全を保つことはできません。ですから、タクシードライバーは乗客に対して、「お客様の安全のためにシートベルトの着用をお願いします」と必ず要請する必要があります。

しかし、我が国においては、後部座席でのシートベルト着用の必要性に対する意識がまだまだ甘く、依頼しても着用しない乗客が多いのも実情です。かと言って、着用を強く要請すると、乗客が怒り出すことも考えられるため、強く言いづらいという問題もあります。そのため、タクシー会社によっては、自動音声で乗客にシートベルト着用を促す装置を設置しているところもあります。

今後、国土交通省や警察庁ともいっそう協力し、タクシー乗車中はもとより、マイカーや知人の車に乗車中であっても、あらゆる道路で全席シートベルト着用が必要であるという啓蒙や法改正を図っていくこと必要です。それが、タクシー乗客のシートベルト着用の円滑化にとって極めて重要であると言えるでしょう。

Return Top