タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

どう克服すればいい?タクシードライバーになりたいけど面接が苦手

どう克服すればいい?タクシードライバーになりたいけど面接が苦手

タクシードライバーになるために、避けては通れないのが「面接」です。面接が苦手な人の場合、「落ちるのでは…」と不安になることもあるでしょう。

ですが、安心してください。下準備を万全にして意識すべきポイントを知っておけば、面接で受かりやすくなります。そんな面接を受ける際のポイントについて紹介していきます。

タクシー会社の面接に行く前の下準備を万全に

面接が苦手な人は面接に行く前の準備をしっかりとしておくと、安心して臨むことができます。では、どのような点に気を付けて準備をしておけばいいのでしょうか?

まず、必ずしておきたいのが「タクシー業界に関するリサーチ」。タクシー業界は勤務時間や給与形態などの面において、他の業界とは全く異なるシステムを用いています。

特に、給与形態は完全歩合制の会社が多く、歩合率も会社によって様々です。そのようなことを頭にしっかりとインプットしておくと面接で戸惑う可能性が減ります。

歩合率については、直接会社に聞くしかありません。歩合率のようにリサーチしてもわからなかったことに関しては、面接の際に聞くようにしましょう。

また、「面接でよく聞かれる質問に対する答えを事前に準備しておく」のもおすすめです。面接が苦手な人がその場で答えを考えるのはとても大変なもの。よく聞かれる質問はだいたい決まっています。答えをあらかじめ準備しておきましょう。

面接でよく聞かれる質問は、長所短所や希望年収、前職についてなど。短所についてはできるだけネガティブになりすぎないよう前向きに。希望年収については自分の意見を率直に伝える、前職の退職理由についてもネガティブにならないよう、前向きな答えを用意しておきましょう。

面接の際に意識すべきポイント

面接に対して苦手意識を持っている人でも、意識すべきポイントを押さえておけば面接をうまく乗り切ることができます。

苦手意識を持っている人が陥りやすいポイントとしてよく挙げられるのが、「うまいことを言おうとする」ということ。面接では無理にうまいことを言う必要はありません。

むしろ素直で等身大な自分を見せた方が、好感度が高く面接に受かりやすいのが現実です。趣味などの話をする際にも、ありのままの自分の話をしましょう。

また、「面接を受けるタクシー会社と自分自身の強みをリンクさせる」のも大事なポイント。会社のリサーチをきちんと行い、いかに自分がその会社に適した人材であるのかを自分の強みを交えつつ話すようにしましょう。そうすることで面接にも受かりやすくなります。

面接では話し方にも気を付けなければなりません。というのも、タクシードライバーという職業はお客様と直に話さなければならない接客業。そのため、話し方はとても大切です。面接の際の話し方がよくなかった場合、実際の仕事中の話し方にも難が出るのではと疑われます。丁寧な話し方をしましょう。

面接の際、スーツで行くのも重要なポイントです。というのも、タクシードライバー自体スーツで働くことが多いもの。そのようなことを踏まえたうえできちんとスーツを着て面接に来るのか、面接官は確認しています。

まとめ

下準備を行い、意識すべきポイントを押さえておけば、面接が苦手な人でも安心して臨めるということがわかりましたよね。

しっかりと準備を行いタクシードライバーの面接に臨みましょう。

Return Top