タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

禁止?OK?タクシードライバーの副業事情

禁止?OK?タクシードライバーの副業事情

タクシードライバーの多くは、稼働した分だけ収入が増える歩合制。稼ぎが良いときは生活も潤いますが、稼ぎが悪いときには、空いた時間を活用して副業をしたいと考える方も多いでしょう。

では、タクシードライバーを本業としている人は、副業をしても大丈夫なのでしょうか。また、他に本業を持っているサラリーマンが、タクシードライバーを副業にするのはOKなのでしょうか。タクシードライバーの副業と、副業としてのタクシードライバーについて詳しく迫ります。

タクシードライバーは基本的に副業OK

日本では、多くの会社が副業を禁止にしています。しかし、タクシー会社では基本的に副業OKとしているところが多く見られます。

ただし、「副業大歓迎!」というわけではなく、「副業は禁止していません」というスタンスに近いと考えておきましょう。

タクシードライバーは隔日勤務が多く、1か月に13乗務までしかできないという制約がありますので、それ以上勤務することができません。

そのため、タクシードライバーとしての勤務日を増やして収入を増やすということが難しいのです。多くのタクシー会社が副業禁止としていないのは、このような背景があるからなのですね。

タクシー会社に勤務しながら副業をしたい場合は、就業規則をチェックして副業が禁止されていないかどうか確認しましょう。

また、副業自体はOKでも、運転に関わる仕事は禁止しているという会社もあります。運送業や洗車などといった車関係のバイトをする人が多いのですが、やろうとしている職業がOKかどうかは会社によっても異なります。必ず就業規則を確認するようにしてください。

サラリーマンの副業にタクシードライバーがおすすめ

日本では、副業を禁止している企業が多いですが、副業OKとする会社もあります。就業規則で副業が禁止されていない会社にお勤めの方で、副業を探しているという方には、タクシードライバーを副業とすることをおすすめします。

タクシードライバーは、時間や勤務体系が比較的自由です。したがって、本業が忙しいときには副業であるタクシードライバーの勤務量を抑えることができます。さらに、本業が閑散期に入ったので副業でどんどん稼ぎたいというときには、月間13乗務以下であればしっかり稼ぐことができます。

夜勤のみなど、空いている時間に働きやすいので、日勤のサラリーマンの方にもおすすめですよ。

サラリーマンとタクシードライバーのダブルワークは、かなりの収入増が見込めます。ただし、本業が疎かにならないようにすることと、事故には十分注意してくださいね。

まとめ

タクシードライバーは、基本的には副業OK。しかし、勤務している会社によっても異なるので、就業規則をきちんと確認しておきましょう。

タクシードライバーは、勤務上限はあるものの、勤務体系に自由がききやすいので、副業OKの一般企業に勤めるサラリーマンの副業としてもおすすめの職業です。本業に支障が出ない程度に働くことを心がけてくださいね。

Return Top