タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシーの料金やサービスって?

タクシーの料金やサービスって?

最近は電車の乗換案内も普及し「何時何分にどれくらいの運賃で目的地へ着くか」というのを調べるのに、さほどの苦労も要さなくなりました。
同じ二種旅客業のバスも運賃はあらかじめ設定している分、金額を気にするというのは事前に調べればなんてことはないのですが、「決められた道を行く」という難点があるので、時間通りに着くかどうかが危うくなりますよね。ではタクシーはどうでしょうか。ここでは首都圏(東京23区,武蔵野三鷹地区)のお話しを例に挙げていきます。

料金に対しての考え方

2018年5月現在、東京都23区・武蔵野市・三鷹市の初乗り料金は410円。(初乗り=1.052km。以降237mごとに80円が加算)となっております。これは2017年1月30日より東京ハイヤー・タクシー協会が実施したもので、以前の「初乗り2km730円、以降280mごとに90円加算」よりも、さらに近距離で手軽に気兼ねなくタクシーを利用することが出来る『ちょい乗り』が狙いです。ちょっとそこまで感覚で利用できる便利さが売りで、普段あまりタクシーを利用しない若者も交通系ICカードなどでの決算が容易である点なども踏まえ、徐々に知名度と利用度が上がっております。また昨今では目的地までのタクシー料金の目安を割り出してくれるアプリなども登場し、事前にある程度の料金予測もつくようになりました。ちなみにこの「410円」という料金、場合によっては非常に安上がりなパターンである事例があります。例えば、あなたがどこかへお出かけになる際、予想だにしない雨に降られたとします。目的地はすぐそこなのに、どうしたらいいものか…そんなシチュエーションの際は、ぜひタクシーをご利用ください。都内23区武蔵野三鷹の初乗りタクシー料金は410円…実はこの値段というのはコンビニエンスストアで売られている「ビニール傘」と同じか、それよりも安い料金と等しいのです。度々その場しのぎで傘を買っても、数時間後には嘘みたいに晴れ間が広がっているなんてこと、近年のゲリラ豪雨が多発する首都圏ではよくあることです。その都度傘を買ってはもったいないではありませんか?(事実、鉄道会社などでお忘れもの断トツ1位は傘です。)ならば目的地まで1km前後であれば、密閉されたタクシーで雨に濡れずに移動というのが、実は都内では非常に効率の良い移動手段と言っても、過言ではありません。

思わぬ渋滞に巻き込まれても…

首都圏で避けて通れぬ事象として、「渋滞」があります。地方都市の季節性な渋滞とは違い、あらゆるシーンで自動車に限らず、企業、公共施設、工場など目的地はさまざまありますので、どこかしらで慢性的な渋滞が発生してしまいがちです。タクシーを利用した場合、もちろん道路交通法は厳守した上でのお話しですが、思わぬ『抜け道』を知っていたりするものです。基本的には「この道を行かなくてはいけない!」という事ではないので、ベテランタクシードライバーさんに見事当たれば、ストレスフリーで目的地までショートカット出来るかもしれませんよ。また、そうは行ってもどんな熟練のベテランタクシードライバーの方でも、知らない道というのはあります。そんなときは是非、「ここ抜け道なんですよ!」と教えてあげてください。それがタクシードライバーにとっても『明日の武器』になります。
※すべてのドライバーが抜け道を熟知しているわけではありません。

観光でタクシーを利用したい!

以前まで観光タクシーというものは、一部地方都市を除いては展開している企業はほとんどありませんでした。約15年前に都内でも大手タクシー会社のグループ企業が開始したのを皮切りにお客様からの好評を博し、現在では各社が積極的に観光タクシーを行うようになりました。現在の主な流れとしては、各社でタクシードライバーとしてのエキスパートを極めた経験豊富な認定ドライバーのもと、主要観光地を一日かけて回るプランが人気のようです。内容としては、コース変更が自由にでき、希望する観光地を選ぶことができたり、指定の駅や、ご宿泊のホテル、ご自宅まで直接送迎をしてくれる一日貸切のタイプなど。そして何より観光タクシーならではの認定ドライバーの個性詰まったガイドも必見ですよ。

空港まで貸切タクシーも?

国内外へ旅行の際、大荷物をよっこらせと運び、乗り換え乗り換えを経てようやく空港へ到着、旅はこれからだという時にはヘトヘト…『贅沢言うわけではないけれど、家から運転手付きの車で空港まで行けたらいいのにな』という要望にお応えしたのが空港送迎タクシーです。純粋にご自宅から乗車して、空港までとなると、想像すらしたくないほど運賃はかかるのは周知のとおりです。そこでタクシー会社が考案したのが、定額で空港まで送迎してくれるサービスです。例えば、ある会社の『羽田空港定額タクシー』を利用すると、足立区から利用した場合、通常時間帯(5:00~22:00)で1台あたり8,800円となります。もし4人家族で乗車したとしたら一人あたり2,200円で済みます。例にすると足立区の竹ノ塚駅から羽田空港までの片道電車利用で1,000円なので、倍近くかかったとしても、快適さを考えると充分な投資と言えるのではないでしょうか。是非とも空港定額タクシーをご利用してみてください。

その他タクシーサービス

高齢化社会の中で、やはりタクシーを必要とするご年輩の方は年々増えております。タクシー会社各社もこの需要に関する重要度は認識をしており、各々形は違えどさまざまなサービスを設けております。その中のいくつかをご紹介いたします。いずれも各社によって呼称が違いますのでご注意くださいませ。
※基本的にはタクシーの通常業務の中でのサービスも含まれております。

福祉タクシー(介護タクシー)

介護が必要な方などに対して、乗降車に関する介助。(福祉関係資格取得者のタクシードライバーによる介助など)※一部企業では、通院、お買い物、お墓参り、観光の付き添いサービス等もございます。

陣痛タクシー(マタニティタクシー)

事前に妊婦さまの登録をすることで陣痛時に病院までお送りするサービスです。年中無休でオペレーターが専用回線で待機。講習を受けたドライバーがお迎えするので安心です。健診などにも利用可能な会社もあります。

子供向けタクシー(キッズタクシー)

新生児の退院や赤ちゃんの健診時の送迎、お子さんの習い事や塾の送迎。空港までのお子様の送迎。※会社によっては会員登録が必要な場合もございます。

女性専用タクシー

事前にご登録いただいた女性のお客様専用のタクシーで、送迎は全て女性ドライバーが担当。お迎えの際は到着後に電話で連絡を入れてくれて、お送りの際は玄関に入るまでお見送りをするという、まさに「ハイヤー並み」のサービスを提供している会社もあります。現在サービスの相違は若干あるものの女性ドライバーの積極採用は各社とも増えており、今後も需要がより増えていくと推測されます。(一般業務で女性タクシードライバーが運転の際は、どなたでも乗車可能です。)

その他にも、世界遺産めぐりタクシーや幕張の大型テーマパークへの定額タクシー、また期間限定の企画系のタクシーなども最近ではアイデアに富んだサービスが多く、乗車されるお客様への顧客満足度の充実を図っております。

まとめ

現在のタクシーサービスの充実ぶりはの目覚ましいものがあり、時代のニーズに応えるべく日々進化をしております。ダイバーシティが進み、とかく合理化の波で本来の「生のサービス」というのが薄れつつある昨今ですが、これはいつの時代も決して埋もれてはいけない事案です。タクシー業界には長年培ってきた2種旅客業におけるサービス面の向上、おもてなし、ホスピタリティなど、なくてはならない要素がたくさん詰まっております。まさに文化と言えるでしょう。そういった点から普段の日常生活のプラスアルファでタクシーを呼ぶ・タクシーを予約する際も、覚えておくと役に立つかもしれません。

Return Top