タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

必要なスキルはなに?タクシードライバーが大切にするべきスキルとは

必要なスキルはなに?タクシードライバーが大切にするべきスキルとは

「未経験歓迎!」と書かれていることの多いタクシードライバーの求人。だからといって、「スキルが不必要」なわけではありません。

ここでは、タクシードライバーとして活躍するために求められる3つのスキルについて紹介します。

タクシードライバーに必要なスキル1.運転技術

タクシードライバーに無くてはならないスキル、それはやはり運転技術です。どのような運転技術が必要なのか見ていきましょう。

タクシードライバーに必要な運転スキルとは

タクシードライバーに求められている運転スキルは、高度なテクニックという意味ではありません。いちばん大切なのが「安全運転」であること。これも立派なスキルです。

第一に、急ブレーキ・急発進は避けましょう。事故を起こさないよう、注意力の高さも求められます。いつでも周りに気を配り、お客様を不快にさせない運転を心がけてください。

タクシードライバーに必要なスキル2.接客術

次に大切なのは接客スキルです。以下のような接客業に向いている人にとって、タクシードライバーは天職になる可能性があります。

人と接するのが好き 

人と接するのが好きで、いつ誰といても苦にならないという人は接客に長けています。どんな人に対しても笑顔で接することができる方は、タクシーの仕事も楽しくできるでしょう。

気遣いができる 

接客は、細やかな気遣いの連続です。ほんの些細なことであっても、よく気が付きお客様に対し丁寧に接することができる人は、接客スキルが高いといえます。

たとえ今すぐにそれができなくても、毎日の積み重ねで接客スキルは磨かれていきます。新人だからと自分を甘やかさず、お客様第一で仕事をしてみましょう。

タクシードライバーに必要なスキル3.地図を記憶する

必須とまではいえませんが、タクシードライバーという仕事の性質上、地図を記憶する力もあったほうがいいでしょう。

地図を覚える記憶力

昔から道を覚えるのが得意、という方はタクシーの仕事も難なくこなせる可能性が高いです。はじめての道でも運転するとすぐ覚えられる、という方は有利です。

覚えるための努力も必要 

たとえ地図を覚えるのが苦手でも、覚える努力ができる人はタクシードライバーに向いています。地図を覚えるための研修を行う企業もありますので、地図を覚えるのが苦手で不安、という方はそういった企業に就職してみるといいでしょう。

まとめ

タクシードライバーに求められるスキルは、どれもそれほど高いものではありません。安全運転や道順については、日々の業務の積み重ねで身につきます。

接客が苦手でも、自分なりに笑顔と気遣いを忘れずにいれば、人見知りでも業務をこなすことはできます。

「毎日真面目に仕事ができる」という方はタクシードライバーがおすすめです。いつも努力を忘れず、お客様に対し真摯に接するよう心がけましょう。

Return Top