タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

運転が苦手な人でもタクシードライバーになる方法

運転が苦手な人でもタクシードライバーになる方法

タクシードライバーになりたい!と思った時、真っ先に気になるのが「運転技術」。運転がそこまで得意ではないという方もいらっしゃるでしょう。

タクシーの運転手は毎日車を運転しなければならない仕事ですから、なんとかして苦手意識を克服したいですよね。ここでは、運転が苦手な人でもタクシードライバーになれる方法を紹介します。

運転が苦手でもタクシードライバーになれる?

たとえ運転が苦手であっても、タクシードライバーにはなれます。とはいえ、苦手と感じるものを毎日行うのはストレスとなってしまうでしょう。

まずは自分の中の苦手意識と向き合い、その後改善策を考えていきましょう。

なぜ運転が苦手になってしまったのか

なぜ運転が苦手なのか、それは単に運転する回数が少ないことが原因ではないでしょうか。運転は慣れていないととても疲れます。あらゆるところに気を配らないと「事故になってしまう」という恐怖感がそうさせているのでしょう。

誰でも最初は運転苦手?

現在どんなに運転が上手な人でも、免許取得直後は運転が大変だと感じていたはずです。タクシードライバーになるには、運転の練習は欠かせません。毎日運転し、車に慣れておきましょう。

運転が苦手という意識を克服しタクシードライバーになる方法

苦手な理由が見えてきたら、次は実際に克服するための行動に移りましょう。

運転の苦手意識を克服するにはまず運転!

運転に対する苦手意識を克服するために、とにかく運転する機会を増やしてください。まだ二種免許を取得していないのであれば、免許取得前に車の運転に慣れておきましょう。

まずは近距離から運転し、徐々に運転する距離を延ばすことで、運転に対する自信がついてきます。

運転の苦手意識を克服する研修制度のある会社に就職

自分で練習しても苦手意識が克服できなかった時には、研修制度のある会社に就職するのがおすすめです。

タクシー会社によっては、実際に乗車し営業を開始する前に、接客技術や地理知識、運転技術についての研修を行っているところもあります。研修でしっかりと基礎技術を身につけて、安全運転できるよう努力していきましょう。

まとめ

たとえ運転が苦手であっても、毎日の努力によって苦手意識を克服できる可能性が高いです。苦手なだけではなく技術面で不安が残る、という方は、運転についての研修のある会社へ就職しましょう。

タクシードライバーにとって大切なのは、何よりも安全運転です。運転技術を磨いても、安全運転でなければ意味がありません。常にお客様の安全を守れるよう、安全運転を心がけましょう。

Return Top