タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

就活に失敗したらタクシードライバーを目指そう!

就活に失敗したらタクシードライバーを目指そう!

就職先のあてが外れて、就活が失敗してしまった!面接した会社のどれも全滅で内定がとれない……。そんなときにはタクシードライバーを目指してみませんか?

就活に失敗しても焦らなくて大丈夫です。今回は、就活に失敗したら考えたいタクシードライバーへの道のりを紹介します。

就活に失敗してタクシードライバーはあり?

タクシードライバーといえば高齢の人が多く、何となく若い人には向かないイメージがありますよね。そのせいか、就活に失敗してタクシードライバーになるのはどうなんだろう?と悩む人が多いようです。

しかし近年、新卒でタクシードライバーを選ぶ人も少なからずいることをご存知でしょうか。2020年の東京オリンピックでインバウンドの増加に期待が寄せられる中で、タクシー業界でも語学に長けた新卒の採用を狙っています。

昔までのネガティブなイメージはタクシー業界にはもうありません。ドライバーが安全に運行できるよう工夫もなされていますし、就活に失敗したときには思い切ってタクシードライバーを目指してみましょう。

タクシードライバーになるための面接ポイント

タクシードライバーになるために、面接ではどのような点が採用のポイントとなるのか覚えておきましょう。

タクシー業界について調べておく

少なくとも、タクシー業界については調べておきましょう。勤務体系や給与体系については一般的な企業と異なる部分も多いため、面接のときに必ず聞いておきたいポイントです。

歩合制の給与はどのように決められるのか、休日はどのぐらいあるのか聞いておきましょう。

マナーを守る

一般的な企業の面接と同じように、マナーは徹底しましょう。面接の方法は普通の面接と変わりありません。スーツを着て、元気に挨拶し、笑顔を絶やさないようにしてください。接客業には大切な部分です。

履歴書は丁寧に

タクシードライバーは学歴や職歴不問の会社が多いですが、それでも履歴書は丁寧に書き込みましょう。字が下手で心配、という方はパソコンで打ち込んでも大丈夫ですよ。

よく聞かれる質問

タクシードライバーの面接でよく聞かれるのが、事故歴や健康についてです。事故歴の多い人はもちろん面接でマイナスイメージになります。とはいえ、ここで嘘をついてもいいことはないので正直に伝えてください。

タクシードライバーは体が資本の仕事ですので、健康かどうかも重要な要素となります。持病がある方はあらかじめ伝えておきましょう。健康であればあるほどプラスポイントです。

タクシードライバーの面接時の服装

接客業であるタクシードライバーは身だしなみも重要視されます。面接時は黒か紺、グレーのスーツを選びましょう。汚れやほこりがついていないか、ワイシャツやネクタイがヨレていないかチェックしてから出かけてくださいね。

髪型や髭も要注意です。清潔感のない髪型や髭ではマイナスの印象を与えてしまいます。服装身だしなみは清潔感を大切にしましょう。

まとめ

インバウンド対策に、語学に長けた新卒を求めるタクシー会社も増えていますから、就活に失敗してしまったときには首都圏のタクシードライバーの面接を受けてみましょう。

履歴書は丁寧に書き、面接では明るさを心がけてみてください。清潔感のある服装と髪型であることも大切です。

まずは面接を受けて、今度こそ内定を勝ち取りましょう。

Return Top