タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

学歴不問の転職先といえばタクシードライバー!その実情とは

学歴不問の転職先といえばタクシードライバー!その実情とは

就職時に学歴不問の職業は多々ありますが、その中でも人気となっているのがタクシードライバーです。学歴や職歴に関係なく正社員になれる可能性が高いとのことですが、その実情はどのようになっているのでしょうか。

今回は、学歴以外でタクシードライバーに本当に必要なものについて解説します。

タクシードライバーに学歴は必要?

どんな職業でも必要となるのが学歴というイメージがありますよね。特に学歴によって初任給に差が出るような会社では、いい学歴が必要になります。そもそも短大卒、専門卒、大卒が必須である企業も少なくありません。

事情によって高校を中退してしまった方やそもそも高校へ通うことができなかった方にとって、学歴のハードルはとても高く感じますよね。しかし、タクシードライバーであればこのような学歴を気にせず、正社員となることができる可能性が高いのです。

タクシーの運転技術は学歴では培われません。実際にタクシードライバーの方にこれまでの人生について聞いてみると、さまざまな経歴・年齢の人が働いていることがわかります。

逆にいえば、タクシードライバーは実力主義の世界です。学歴が良いいからという理由で、給料が上がらないという点では、どんな人にもチャンスが巡ってくる世界。一方、歩合制であれば特に、お客さんを乗せる人数や距離などが給料に大きく影響するという一面もあります。

タクシードライバーには学歴よりも必要なものがある

タクシードライバーには学歴は関係ないことがわかりました。本当にタクシードライバーとして働くのであれば、学歴よりももっと大切なものがあることを知っておきましょう。

運転技術

必ず必要になるのが運転技術です。運転の下手なタクシードライバーはお客さんに不安を与えてしまい、自然と客足が遠のいてしまいます。この業界で生き残りたいのであれば、運転が上手であるに越したことはありません。

コミュニケーション能力

普通に働く分には特段必要性を感じないかもしれませんが、長く続け成功を収めるためにはコミュニケーション能力も必要です。しかしこれは経験を積んでいくうえで自然に身につく可能性もあります。

地理の勉強

どこの道を使うと近いか、いつも渋滞していない道はないか、時間によって進入禁止のルートを覚えるなど、地理に関する勉強も必要です。これも運転していく中で自然と身についてきますが、難しい場合には先輩ドライバーに抜け道などを教えてもらうといいでしょう。

戦略性

曜日や時間によって待機場所や回るルートを変えるなど、なるべく儲けを出すための戦略も必要になります。ただボーっと毎日同じルートを巡るだけではだめということです。

自分に合う客層を探すのも大切でしょう。あの付近にはこの年代が多い、こういった客層が多いというリサーチも独自に進めていきましょう。

まとめ

タクシードライバーにとって必要なものは、学歴ではなく実践で必要な技術や知識であることがわかりました。

最初から戦略を立てるのは難しいですが、毎日の業務をこなしているうちに自然と身についていくでしょう。コミュニケーション能力もある程度は慣れによって培われるものです。

「学歴がないから就職できない」と思い込まず、まずはタクシードライバーの求人を探し、面接を受けてみてはいかがでしょうか。

Return Top