タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

30代の転職にはタクシードライバーがおすすめ!その理由とは

30代の転職にはタクシードライバーがおすすめ!その理由とは

30代に入ると、なぜだか急激に年を取ったような気持ちになりませんか?「30代からの転職なんて、無理にもほどがある。年を取りすぎている。」と感じるかもしれませんが、タクシー業界では30代はまだまだ年齢層は若いほうです。

職業の選択肢が狭くなってしまう30代からの転職には、長く働けるタクシードライバーがおすすめです。ここでは、その理由について解説します。

30代でタクシードライバーに転職していいのか

他の職業で30代というと「いい歳」というイメージですが、逆にタクシードライバー業界では「若すぎる」と感じるかもしれません。なんとなく、高齢の方がドライバーを務めている気がしますよね。

ところが近年、若い世代にもこの職業が注目されています。新卒でタクシードライバーになる人もいるのだそうです。実際に、みたところ30代のドライバーをみかけることも増えてきましたよね。

これから転職を考えている方は、タクシードライバーは30代でも大丈夫、と覚えておきましょう。

30代でタクシードライバーをするのはしんどい?

30代といえば体力の衰えを感じ始める時期です。30代でタクシードライバーをするのはしんどい気がする……と不安に感じるかもしれませんが、よく考えてみてください。先ほども触れましたが、タクシードライバーは高齢でも続けられる職業なのです。

時々長距離間を運転することがあるので、そういう時はつらいかもしれません。毎日仕事で運転するというのも未知の世界で大変そうですよね。

しかし、タクシードライバーは休みが充実しています。有給休暇もあるので心配ありません。残業も企業によって異なりますが、ほとんどないといわれているので、むしろとってもホワイトな業界。

昔から慣れ親しんだ地域でのタクシードライバーであれば、地理について改めて勉強する必要もなく、楽しく業務にあたれるでしょう。実力主義の給与システムも魅力的です。働けば働くだけ給与に反映されるので、サラリーマンとは違った楽しさを感じることができます。

30代がタクシードライバーに転職する方法

魅力的な職業であるタクシードライバー。30代が転職するならどのような方法で求人を探したらよいのでしょうか。

ハローワーク

まずは定番のハローワークに行きましょう。タクシー会社の求人であれば、ハローワークにも求人がでているはずです。ハローワークにある端末で「ドライバー」を検索してみましょう。

誌面

広告やフリーペーパー、地方新聞の広告欄に載っていることもあります。掲載されている連絡先に面接の申し込みをしましょう。このような場所には詳しい内容が掲載されていないことが多いので、不安な方は面接申し込みの際に待遇などを聞いてみるといいでしょう。

ネット

わざわざハローワークに行くのが面倒なときや、思ったような求人が探せないときにはネットの転職サイトで求人を探してみましょう。ネットならタクシードライバー専門の求人サイトがありますから、検索がとっても楽です。

まとめ

30代からでも転職可能なタクシードライバーは、給料も歩合制で魅力的な職業です。転職先として求人を探すときには、ハローワークや広告以外でも、ネットから探すことも可能です。

タクシードライバー専門の求人サイトから、希望の会社がないかどうか探してみましょう。いい会社を見つけたらすぐに申し込んで面接してみてくださいね。

Return Top