タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシー運転手に転職!脱サラを失敗しないためには

タクシー運転手に転職!脱サラを失敗しないためには

脱サラ後の転職先として、タクシー運転手を検討される方も多いことでしょう。

しかし、今までサラリーマンとして安定した収入を得ていた仕事から、特殊な給与形態で有名なタクシー業界への転職はある意味不安がありますよね。

タクシー運転手に転職したい方に、タクシー業界に入る前の収入などの基本的な情報、注意点をご紹介します。

基本的なことを知って、タクシー運転手が自分に合っているか見極めましょう。

タクシー業界の収入や雇用形態

タクシー業界への転職の前に、基本的な情報を把握しておきましょう。

収入はどのくらい?

全国ハイヤー・タクシー連合会の平成28年度の調査によると、男性のタクシー運転手で年間平均約322万円、女性のタクシー運転手で約278万円でした。

年収300万年前後がタクシー業界での標準です。

雇用形態やシフトについて

アルバイトやパートという働き方もありますが、タクシードライバーの多くが正社員です。

理由は、隔日シフトというタクシー業界ならではの勤務形態と関連しているため。

1日20時間ほど、朝から夜まで勤務して翌日は休みという方法をとっており、拘束時間が長いためです。

福利厚生について

タクシーを運転し、客を乗せるには普通自動車第二種運転免許が必須。タクシー会社によっては免許取得代を負担してもらえる場合があります。

また、タクシー会社の多くは歩合制ですが、最低限の保証として給与保証をしてくれるタクシー会社もあります。

タクシー業界に転職する時の注意点

基本情報を抑えたら次に注意点。サラリーマン時代とはまた違ったところで失敗するリスクがあります。タクシー業界への転職でありがちな失敗を紹介します。

歩合制など給与形態を確認しておこう

タクシー業界は歩合制がメイン。営業成績によって給与が決定するため、転職前よりも給与が下がってしまうことがあります。

一定の収入を確保するために、給与保証がある会社かあるいは固定給を採用しているか、給与形態には注意しましょう。

タクシー業界にはコミュニケーション能力が必須

客と1対1、あるいは1対3のように狭い空間での接客業になります。

会話をするかどうかの洞察力、コミュニケーション能力は身に着けておきたいです。

特殊な働き方で不規則な生活になりやすい

隔日勤務が基本のタクシー業界は、どうしても生活が不規則になりやすいです。

毎日8時間程度の一般的な会社員と違って、1日おきに20時間程度働くことになるため、はじめの頃は生活サイクルに支障が出ることもあります。

タクシー運転手で成功するためには

脱サラ後にタクシー運転手として成功するためのポイントを以下にまとめました。

働く場所を考える

タクシー運転手の給与は、都会か田舎かで年収100~200万年ほど違ってきます。

年収が高く客を捕まえやすいのは都会。

ただし一方で家賃などの生活費が少ないこと、外国人観光客が増えて田舎のニーズが高まっていることもあるため、必ずしも田舎がデメリットになる訳ではありません。

働く会社を見極める

歩合制を取り入れている会社が多いものの、完全歩合制の他に、固定給、歩合制と給与保証を導入している会社もあります。

歩合制は、自分の営業力次第のところが強い給与形態。

安定しているのは、固定給や給与保証のある会社ですが、どこを選ぶべきかは自身のスキルと能力によって変わってきます。

効率的な営業と情報収集

歩合制のタクシー運転手で成功を収めるには、営業の仕方が重要。

客へ不安を与えないためにも、天候や道路情報などの情報収集は欠かさないようにしましょう。

また、営業方法には積極的に客を捕まえる方法、空港などで待つ方法がありますが、道路状況やイベントなど状況を見極めて使い分けることが成功のカギとなります。

まとめ

脱サラからタクシー業界への転職。失敗しないためには、給与形態や働き方をしっかり頭に入れたうえで会社や働く場所を決めることが大切です。

まずは会社情報など情報収集をしっかりして、自分に合った会社を見つけましょう。タクシー会社の求人を多くそろえている「転職道.com」であれば、自分にあったタクシー会社を見つけられるはずです。

Return Top