タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

採用率UP!タクシードライバーの面接時に大事なポイント!

採用率UP!タクシードライバーの面接時に大事なポイント!
タクシー会社で働いている、ドライバーの方々の年齢は全国平均で50代~60代と、一般的な企業に比べて平均年齢がかなり高い水準となっています。そのため、タクシー会社は積極的に新しい方の募集を行っています。
しかし、昨今では高齢の方以外の、20代や30代といった若い世代の方や女性の方といった今までとは違う層からも、タクシー業界が注目を浴びるようになってきています。タクシー会社の中には、託児所などを用意し、女性の方でも働きやすい環境づくりを行っている所もあるほどです。
そのため、積極的に募集をかけているからといって、応募すれば確実に採用されるなんて事はなく、二種免許を持っている方でも、面接の結果次第では不採用となってしまうのです。
今回は、そんな注目の集まっているタクシー業界への第一歩を踏み出す最初の難関である面接時に、気を付けなければならないポイントをご紹介していきます。

1:業界について調べておく

タクシードライバーの仕事は、1日の勤務時間が長かったり、日勤・夜勤・隔日勤務と多様な種類のシフトが存在したりと、特殊な勤務形態での勤務となります。給料も歩合制であることがほとんどで、毎月決まった金額を貰うことが出来るというわけでもありません。
一般的な企業の会社員とは、給料のシステムも、働き方も大きく違ってきます。
そのため、タクシー業界に入ろうと思うのであれば、事前に給料がどのように支払われるのか、勤務時間はどうなのかといったタクシー業界ならではの事は調べておくべきでしょう。特に給料の歩合率は各タクシー会社によって異なりますので、面接時に少しでも質問できるようにしておくのが無難です。タクシー業界には専門用語などが数多く存在していますので、そういったことについて聞くのも良いでしょう。

一般的な企業とはあらゆる面で大きな違いがあるので、予備知識もなく始めてしまうと、自分の理想と現実のギャップに苦しむことになる可能性もあるので、気になる点は面接で聞けるように、しっかりと調べてから面接に臨みましょう。

採用率UP!タクシードライバーの面接時に大事なポイント!

2:履歴書・職務経歴書はしっかりと丁寧に!!

履歴書と経歴書は、みなさんの熱意を伝えるための大切な“武器”です。
特に書類選考があって、最初に履歴書と経歴書を送ってくださいとお願いされた場合、そこから面接は始まっているのだと思い、履歴書と経歴書で如何に採用担当の方に「会って話をしてみたい」と思わせる事が出来るかが鍵となってきます。
読む側の事を考えて、読みやすい文字で書いてあるのか。その場しのぎの適当な事ではなく、面接時に聞かれた場合も答える事が出来るような、ちゃんとした内容にしているのか。
そういった当たり前な事が、面接ではとても大切な要素となってきます。
適当で雑に書いた物よりも、たとえキレイとは言えなくても、丁寧にしっかりと書いてある物の方が、みなさんの熱意を伝える事が出来ますので、履歴書や職務経歴書は読まれる事を意識して、出来る限り丁寧に書きましょう。

採用率UP!タクシードライバーの面接時に大事なポイント!

3:服装はスーツやジャケットで!無いのであれば事前に連絡を!!

面接時の服装は、一般的な会社と一緒でスーツやジャケットを着用するのが基本です。
もし、面接までの準備することが出来ないのであれば、事前にその旨を伝えましょう。スーツやジャケットを持っていないからといって、連絡も無しに行ってしまえば、常識がなく社会人としてのマナーがないと思われ、大きなマイナスポイントになってしまうので、用意が間に合わないと分かった時点で連絡しましょう。もし、転職相談などを経由しているのであれば、そちらの担当の方にどうすれば良いのかの確認を取ってみるのも良いかもしれません。

もちろん、服装以外の身だしなみも大切です。髪の毛は整えてあるか、髭などの剃り残しはないかといった箇所も重要となってきます。見た目というのはとても大事な要素となりますので、面接の際は、“清潔感”を意識した身だしなみで、好印象を与えられるようにしましょう。

4:タクシードライバーは接客業!言葉遣いは丁寧な言葉を意識!!

タクシードライバーは、お客様を乗せて目的地へと運ぶため、長距離のトラックドライバーなどとは違い、お客様と関わる事が多く存在する接客業です。
そのため、面接時には、きちんとした言葉遣いが出来ているかはかなり重要視されます。
入退室時の挨拶や、面接中の話し方や仕草などを面接担当の方はチェックし、中にはフランクに話しかけて、求職者の対応を見るなんて事をする場合もあります。

面接中は、緊張で上手く話すことが難しいかもしれませんが、出来る限り正しい日本語を使い、尊敬語や敬語といった部分にも注意しながら話すようにしましょう。

タクシードライバーという仕事は、未経験者の方でも高齢の方でも始められ、一般的な定年を過ぎても働くことが出来る、珍しい職業の一つです。
そのため、一度タクシー業界に入ってしまえば、一生の仕事にする事も可能なので、タクシー業界に入る為の関門の一つである面接でしっかりと結果を出すためにも、上記に書いてある事は、最低限出来るようにしてから面接に臨みましょう。

Return Top