転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

神奈川における交通事故多発地域について

神奈川における交通事故多発地域について

神奈川県は横浜市を中心に川崎、鎌倉など、ビジネス街と観光地が融合していますから、その移動手段としてタクシーの利用が多いことでも知られています。そのため、タクシー会社への転職や就職を考えている人も少なくありませんが、予めその仕事の内容や注意点を知っておくことが成功するためには重要です。

タクシー運転手の交通安全対策

タクシー運転手になるために必要な資格として有名なものは二種免許ですが、神奈川で業務を行うためには、タクシーセンターが行う地理試験にも合格しなければなりません。これは、東京、大阪でも同様なのですが、その地域の主要道路や観光施設、ビジネスビルなど利用客が目的地とする場所に関する問題が40問出題され、32問以上正解すれば合格となるものであり、タクシーの利用者が多い地域ならではの資格試験になります。
さて、実際にタクシー運転手になる場合には、数日間の研修を受けることになります。これは、先輩ドライバーなどが助手席に乗車し、営業地域内の主要な施設やターミナル駅などを様々なルートで回っていくものですが、併せてお客様応対や運転マナーなどについてもレクチャーされます。
そして、何と言っても大切なのが、安全運転のための乗車訓練です。タクシー運転手は、お客様を安全に目的地まで送り届けることは当然として、街のドライバーのお手本とならなければなりません。万が一、交通事故でも引き起こしてしまうと、そのタクシー運転手だけでなく会社全体のイメージダウンにもつながりますから、新規採用者に対する研修は当然として、定期的に技術指導や交通事故が起きやすい場所について、共通認識を図っているところです。
特に神奈川県内であれば、横浜市は中華街を中心とした繁華街付近や新川橋交差点や鋼管通り交差点は、特に交通事故の多い場所ですから、事前に下見などを入念に行い、安全運転はもちろん予防運転にも務めることが大切です。
こういった観点から、タクシー会社に就職する際には、給与面だけに着目するのではなく、交通事故対策が万全である会社を選ぶことが大切になります。転職サイトなどの求人広告では、判断がつかない場合には、転職サイトのコンサルなどに問い合わせれば、各社の交通安全に対する取組みや、事故発生時のサポート体制について、レクチャーしてくれますので、こういったものを利用すると良いでしょう。

神奈川はタクシーの利用が多く、タクシー会社への就職や転職を考える人も少なくありませんが、タクシー運転手は常に交通事故の危険性と隣り合わせですから、給与面だけで判断するのではなく、交通事故体制が万全である会社を選ぶことが大切です。

Return Top