転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシーは横浜の観光名所を熟知しておくことが大切

タクシーは横浜の観光名所を熟知しておくことが大切

横浜は中華街やみなとみらいなどへの観光客も多く、タクシーの需要が非常に大きい街です。しかしながら、近年、タクシードライバーの高齢化が顕著であり、70歳を超える人も少なくありません。そこで、各タクシー会社とも人材確保のため様々な優遇措置を講じています。

横浜のタクシードライバーが知るべき観光地


横浜といえば港町として有名ですが、古くから人の往来の多い地域です。それだけに、その黎明期からタクシー業界は栄えてきましたが、日本の経済不況の煽りを受け、ここ数年は顧客の増加が深刻であり、早期退職や大規模なリストラも敢行されてきました。最近になって、ようやく景気も回復し、観光客の数も回復しており、それに伴ってタクシー業界の業績も回復してきました。
この地域でタクシードライバーになるのであれば第2種運転免許を取得し、タクシーセンターが実施する地理試験に合格しなければなりません。この中で、地理試験は神奈川のほか東京、大阪でタクシードライバーになるために必要な試験です。40問出題され32問正解することが合格の基準ですが、試験内容はその地域の主要道路や観光地に関するものです。
したがって、横浜であれば中華街やみなとみらいをはじめとして、山下公園や異人館、赤れんが倉庫などの主要な観光地は当然として、駅からの経路や観光地間の経路や時間帯別の所要時間も把握しておくことが必要です。また、地理試験とは直接関係ありませんが、この地域は外国人観光客が多いことも有名ですから、簡単な英会話を学習しておくと業績アップも期待できます。
タクシードライバーの高齢化や圧倒的な要員不足は、タクシー会社の共通した喫緊の課題であり、その人材確保のため、第2種運転免許証の取得や地理試験の受験費用を負担している会社も少なくありません。また、福利厚生面においても寮や仮眠室の完備、定期健康診断の実施など、タクシードライバーが安心して働ける職場環境が整備されています。また、交通違反や交通事故を起こしてしまった際のフォロー体制の充実も大切な要素です。
実際に転職する際には、これらのポイントを踏まえ、タクシードライバー専用の転職サイトに相談し、残業の実態など、求人広告には表れない労働環境などについて質問すると良いでしょう。また、サイトには公開されない非公開求人を紹介してもらえることもありますからとても便利です。

横浜のタクシーは、観光客の利用者が多いことで知られていますから、タクシードライバーになるにはしくなくとも中華街やみなとみらいといった観光地の場所、l駅や他の観光地からのルートや所要時間を把握しておくことことが、実績アップにも重要なことです。

Return Top