転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシー乗務員の平均年収と求人広告を見るポイント

タクシー乗務員の平均年収と求人広告を見るポイント

タクシー乗務員は70歳前後まで働ける上、歩合給が大半ですから、自分の実力に応じた年収が期待できますから、転職やセカンドキャリアに選ぶ人も少なくありません。しかしながら、年収や賞与にばかり気を取られていると、本来確認すべき点を見逃してしまうこともあります。

タクシードライバーの平均年収とは


東京などの都市部では、その需要が大きいことからタクシードライバーへの転職を考えている人が多くいます。基本的には歩合給であることから、頑張った分だけ高い給与が期待できること、70歳前後まで現役で働くことができることが大きな魅力ですが、タクシードライバーになるためには、二種免許を取得する必要があります。これは、普通車の免許を持っている人であれば、自動車教習所で教習を受けることで、比較的簡単に合格することが可能です。
さらに、東京、神奈川、大阪でタクシードライバーになるには、地理試験に合格する必要があります。これは、その地域の主要道路や施設に関する試験であり、40問中32問正解しなければ合格しませんので、十分に準備を行う必要があります。
さて、東京でタクシードライバーになるには、二種免許や地理試験に合格し、資格を取得した段階で、転職先を探すものですが、最近ではタクシー会社が研修制度を実施したり、資格取得のための費用の一部を負担してくれるところもありますから、まずはタクシードライバー専門の転職サイトなどで、どういった求人の条件があるのかを確認することが得策です。
タクシードライバーの平均年収は約400万円ですが、求人情報を確認する場合、多くの人が給与や賞与を注目しがちです。しかしながら、タクシードライバーは新たな建築物が完成すると、その場所も覚えなければなりません。また、常に交通事故の危険性にさらされています。したがって、給与や賞与も大切ですが、寮や仮眠室といった福利厚生面や交通事故の対応や研修制度の実施といった、職場環境についても重視すべきです。
中でも、研修制度については、2020年の東京オリンピックに向け東京はその街並みを大きく変えようとしている時ですし、今後、海外のユーザーが増えることも予想されますので、特に重点を置くべき項目です。
東京におけるタクシードライバーは、今後、さらに利用者が増えていくことが想定されますから、転職希望者は、求人の内容をしっかりと吟味して、タクシー会社を選ぶことです。

タクシードライバーになるには、二種免許のほかに地理試験に合格する必要があります。最近では、タクシー会社に入社後に、免許取得や地理試験受験のための予算を支給してくれる会社もありますから、求人の中身をしっかりと吟味して決めることが大切です。

Return Top