転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシー運転手は観光地への案内人です

タクシー運転手は観光地への案内人です

タクシー運転手は、高給が期待できる職種であり、特に東京を中心とした首都圏では、2020年に開催される東京オリンピックも控えていることから、非常に注目されている職種です。そのため、セカンドキャリアとして再就職を希望する人や他業種からに転職を考えている人も少なくありません。

タクシー運転手に求められるサービス


タクシー運転手の大半は、歩合給であり、自分が仕事をすればするだけ高給になりますから、非常にやりがいのある仕事だと言えます。また、要員が不足していることもあり、60歳どころか70歳を超えても正社員として働けることから、セカンドキャリアとして再就職する人も少なくありません。加えて、2020年には東京オリンピックが開催されますから、首都圏を中心にこれまで以上にタクシー運転手の需要が大きくなることが予想されていますから、転職先としても注目を集めています。
さて、タクシー運転手になるには、第2種運転免許を取得する必要があります。加えて、東京、神奈川、大阪といった大都市圏ではタクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要があります。特に地理試験については、各地域の観光地や主要なターミナル駅、さらには幹線道路に関する問題が出題されますから、事前にしっかりと勉強しておく必要があります。以前であれば、タクシー会社の求人募集には、これらの有資格者であることが応募要件でしたが、最近では入社後に会社の経費で取得させてくれるタクシー会社も少なくありませんので、資格を取得する前に求人情報をチェックすることをお勧めします。
タクシー運転手の仕事は、お客様の要望に応えて、安全かつ迅速に目的地に送り届けることです。したがって、地理試験にも出題されますが、主要な施設や観光地、ターミナル駅については、全てを把握しておかなければなりません。したがって、東京であれば、東京タワー、スカイツリー、東京駅などは時間帯によって、どのルートを通れば渋滞を回避できるのかまで把握しておく必要があります。さらに、海外の観光客に人気のある東京タワーなどについては、簡単な英語で紹介できると非常に喜ばれます。今後はこのように、タクシー乗務員は、単にお客様を目的地に送り届けるだけでなく、究極のサービス業としての気配りが求められているのです。

タクシー運転手の目的は、お客様を安全かつ迅速に目的地に送り届けることが仕事ですが、2020年のオリンピックを控え、さらに時間帯ごとにルートを変更したり、観光地の簡単な案内を行うなど、ワンランク上のサービスが求められています。

Return Top