転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

都内でタクシー乗務員が探す休憩場所

都内でタクシー乗務員が探す休憩場所

 

タクシードライバーにとって休憩は必要不可欠です。道路法に抵触する場所で休憩しますと、違反行為を摘発されてしまいます。そこで休憩できる場所を探すことも必要不可欠です。まず場所を探しだし、休憩することが大切です。

休憩を確実にとるために


休憩はダラダラととってはいけません。仕事中ですので臨戦態勢が必要です。そのためには短時間に休憩するためのパーキング利用が安全です。時間厳守と決めて休憩しますとリフレッシュできます。休憩用のグッズも必要です。冷たいオシボリや目薬、ブラシ、水筒を準備しておきます。短時間休憩をするためには、アラームの設定も大切なことです。携帯電話はタクシードライバーの必需品です。アラーム設定をしておき、音が鳴れば臨戦態勢に戻ります。都内では休憩所として有名なのが青山霊園です。青山霊園が休憩所として人気があるのは、路上駐車ではなく敷地内駐車だからです。でも青山霊園は駐車台数に制限がありますので都内タクシードライバーの激戦地となっています。要するに道路法に抵触するような場所での休憩地の確保や利用することは無理なのかも知れません。路上駐車は永大通り、浅草通り、蔵前橋通り、江戸川橋通り、目白通り、早稲田通りにあるパーキングを短時間で利用して効率の良い休憩が必要です。タクシードライバーは通りの事情について精通することが業務として求められることです。パーキングの近くの諸事情についても知っておく必要があります。近くに公衆トイレはあるか、トイレの利用ができる役所があるか、コンビニエンスストアがあるか、などの事情について知るべきです。細々とした諸事情を知ることによって、タクシードライバーの業務としてお客様への情報提供になったりもします。道路事情とその周辺の付加価値とを知っておくことは業務精通者としてのお客様の好評となりますし、会社においても社員心得としての高い認識が得られることになります。タクシードライバーにとって路上駐車は道路法での摘発を受けてしまい、下手をすると減点となって業務に差し障りが出るかも知れません。もし免許停止処分などになりますと死活問題ですので、要注意が必要となります。タクシードライバーにとっては、安全安心の休憩所はコインパーキングかも知れません。


タクシードライバーにとって安心安全な休憩所はコインパーキングでしょう。路上駐車をしていますと道路法違反行為で摘発を受けてしまい、減点となって不利なことになってしまいます。不都合なことは避けて通ることがリスク回避として大切とされています。

Return Top