転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

大阪では道路事情に精通することが重要です

大阪では道路事情に精通することが重要です

西日本の大都会である大阪は、観光名所が多い地域でもあることから、タクシー利用の多い地域です。それだけに大きく稼げるチャンスもあることから、転職や就職を希望する人も後を絶ちません。しかしながら、失敗しないためには仕事の内容をしっかりと把握しておくことが大切です。

道路事情に精通しておくことが大切

タクシー乗務員になるためには、第2種運転免許証を取得して地理試験に合格しなければなりません。中でも地理試験は大阪の他に東京、神奈川といった都市圏で仕事をする場合に課せられた試験であり、主要道路やターミナル駅、観光名所などに関する問題が40問出題され、8割以上の正解が必要となります。最近では、これら資格等の取得経費については、会社側が負担することも多いので、資格取得の前に転職サイトなどで労働条件を確認することが得策です。
また、転職する会社を選ぶ際には、寮や仮眠室といった設備面、労災や交通事故発生時のサポート体制、給与形態については、しっかりと確認し、不明な点があれば転職サイトの担当者に確認しておくと良いでしょう。因みに、転職サイトの担当者は、サイト上に出ている労働条件だけでなく、そのタクシー会社の社風や時間外労働の実態なども熟知している場合がほとんどですし、サイトには出ていない非公開求人を持っている場合もありますから、サイト上の情報だけで決めるのではなく、気軽に相談することが転職を成功させる秘訣です。
さて、実際にタクシー運転手として勤務する場合に最も重要なスキルは「道路事情に詳しいこと」です。大阪には阪神高速道路を始め、名神高速道路や中国自動車道など様々な高速道路の拠点となっており、2017年11月には新名神高速道路の開通も予定されていますが、西日本の中心部として交通量も莫大であることから、絶えず工事規制や交通渋滞が発生しています。したがって、ラジオやアプリ、阪神高速道路株式会社のホームページなどを活用して、リアルタイムな情報を仕入れるとともに、時間帯ごとに渋滞や交通規制を回避できるルートを調べておくことも大切です。
また、イベント情報も交通渋滞を引き起こす要素の一つです。大阪ではスポーツイベントやコンサートなど大規模な観客が集まるイベントが毎日のように開催されていますから、その際の道路事情や別ルートを把握した上で客待ちを行なうと大きな稼ぎにつながります。いずれにせよタクシー運転手にとって道路事情に精通しておくことが、稼ぐためには最も重要な要素であることを忘れてはなりません。


大阪は西日本の中心部であり、観光、ビジネスの拠点でもあることから、交通網は非常に発展していますが、同時に交通渋滞や交通規制も絶えず発生しています。したがって、タクシー運転手として勤務するためには、道路状況によって別ルートを走行できる準備をしておくことが重要です。

Return Top