転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

オリンピックの開催にタクシー運転手への転職が

オリンピックの開催にタクシー運転手への転職が

2020年に開催される東京五輪に向け、タクシー運転手の需要はさらに大きくなることが見込まれています。特に各競技会場の場所については、確実に観光客の利用増が見込まれますから、日頃から自分で現地に到着するまでのルートを整理して置く必要があります。

東京五輪開催までに準備すべきこと

2020年に開催される東京五輪では、日本国内だけでなく世界中から、東京に観光客が押し寄せることが予想されています。そうなると、タクシー運転手の需要は、今よりも数倍大きくなります。そこで、今からタクシー運転手に転職して準備しておこうと考えている人も少なくありません。
さて、タクシー運転手になるためには、普通免許だけでなく二種免許が必要となります。二種免許については、自動車教習所においても教習を受けることができますから、比較的簡単に取得することができます。問題は地理試験です。これは、東京、神奈川、大阪でタクシー運転手になるために必要な資格であり、出題内容はその地域における観光スポットやそこまでの主要道路など、観光客を無事に目的地に送り届けるために必要な知識となります。40問出題され、32問以上正解しなければなりませんから、1回で合格するは難しいかもしれません。
今後、2020年に向け、タクシー業界にも様々な変化が持たされることが予想されます。例えば自動運転を可能とする車両の配備、英語教育の実施などが予想されますが、併せて競技会場となっている施設は、しっかりと覚えておく必要があり、当然、タクシー会社においても東京五輪に向け、様々な準備を行うことになります。
さて、現状でもタクシー運転手は不足していますが、今後、さらに要員が必要となってきます。したがって、この時点でタクシー会社に入社し、2020年までの時間をかけてスキルや経験を積むのは非常に有益なことです。そういった点では、入社する会社の方針は非常に大切になりますから、転職サイトにおいて、気になる会社が、見つかった場合には、まずコンサルタントに相談することが大切になります。転職サイトのコンサルタントは、単に条件に合致した就職先を紹介するのではなく、職場風土や残業の実態など、本当に知りたいことを教えてくれますので、就職してから失敗することはりません。

タクシー運転手になるためには、二種免許のほかに地理試験が必要な場合があります。地理試験は、東京の名所や観光スポットなどに関する問題ですから、ガイドブックなどで研究しておくことが大切です。また、2020年に向け、英会話を学んでおくことも大切です。

Return Top