タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシーで多車線の御堂筋を安全運転するには

タクシーで多車線の御堂筋を安全運転するには

大阪は西日本最大のビジネス地域であるとともに、観光地としても梅田、難波を中心に人の往来が多いことから、タクシーの需要が大きいことでも有名です。また、タクシードライバーはお客様の数だけ収入を増やすことができますから転職する人も多いのですが、成功するためには事前の情報収集が大切です。

大阪でタクシーを運転する際の注意点


未経験者がタクシードライバーになるためには、転職サイトなどを利用してタクシー会社に入社しなくてはなりません。業界全体が要員不足に陥っていますから、余程の交通違反の履歴等がない限り、どこの会社でも入社を拒否されることはありません。以前は入社前に第2種運転免許証が必須の場合もありましたが、最近では入社後に取得経費を負担してくれる会社もありますから、まずは求人情報をチェックすることが先決です。
この時注意したいのが、求職者は給与面だけに注目するのではなく、仮眠施設や休暇制度といった福利厚生面における処遇をしっかりチェックすることです。特に交通違反や事故が発生した場合のサポート体制については重要な項目ですから、転職サイトのコンサルタントによく確認しておくことが大切です。
さて、タクシードライバーとして勤務する際、最も重要なことは主要道路や幹線道路の道路事情や運転する際に気をつけなければならない点をしっかりと把握しておくことです。大阪の特徴として、車線の多い道路が多いことと、運転マナーの悪いドライバーの数が他県に比べて多いことがあげられます。特に御堂筋は6車線と市内中心部の主要道路としては異例の車線数であり、車線変更をするにも苦労します。加えて交差点における右左折の際、本来であれば速度を落として交差点に進入してきますが、ここでは速度を上げる車両も多いので、最も注意しなければならない点です。
また、デモ行進なども頻繁に行われていますから、突発的な交通渋滞に巻き込まれることもありますから、常に別ルートを用意しておく必要があります。もちろん、車両にはカーナビが搭載されていますが、油断していると割り込みなどは日常茶飯事ですから、カーナビを見ている余裕はないと思っておく方が安心です。
タクシードライバーの役割はお客様を安全に、しかもできるだけ早く目的地にお連れすることです。したがって、車線変更時や右左折時に交通事故などがあってはなりませんから、先輩ドライバーにアドバイスをもらう等して、常に予防運転に心がけることが大切です。

大阪は御堂筋をはじめ、多車線の道路が多い街ですが、さらに一般車両の交通マナーが悪いことでも有名です。特にタクシードライバーが交差点での右左折、車線変更を行う際には、常に予防運転を心がけ、お客様を安全かつ迅速に目的地にお連れすることが重要です。

Return Top