転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシー会社における交通事故の多発ポイント対策

タクシー会社における交通事故の多発ポイント対策

タクシー業界において、交通事故の防止対策は極めて重要な課題です。プロのドライバー集団として、交通事故を多発させるようでは、お客様からの信頼を得ることはできませんし、会社経営にも大きな影響を与えてしまいます。

タクシー業界における交通事故対策

タクシードライバーの魅力は、その給与制度が基本的には歩合制であるため、自分の実力で高給を手にすることが可能であり、勤務時間についてもある程度、融通がきくところです。また、いわゆる定年退職という概念は希薄ですから、65歳を超えた現役のドライバーはいくらでもいるのが現状です。しかしながら、年々、タクシードライバーは高齢化しており、慢性的な要員不足に陥っていることから、雇用対策として、寮や仮眠室といった福利厚生施設の充実、第2種運転免許、地理試験を受験するための研修制度の実施や経費負担にも取り組んでいるおり、徐々に成果が出ています。
そして、何より忘れてはならないのが交通事故対策です。自動車を運転する以上、交通事故は避けて通れない一面もありますが、プロのドライバーとしての事故ゼロを目指して、定期的な実技研修はもとより、全国的にも交通事故が多発している交差点での事故事例について、研究会を実施するなどの取組みを行なっています。さらに、営業エリアにおける交差点を中心とした事故多発ポイントを地図上に示して注意を促すなどの対策を講じているところです。したがって、タクシードライバーに再就職や転職を希望する人は、給与や一時金も大切ですが、交通事故対策に重点を置いている会社を選ぶことが大切です。
タクシードライバーは、昨今、海外からの観光客が増加していることもあり、需要が拡大している市場ですから、その処遇も見直しが行われ、とても魅力のある職業となっています。実際、求人を探す場合は、タクシードライバー専門の求人サイトを利用することをお勧めしますが、表面的な労働条件だけで決めるのではなく、求人サイトのコンサルタント等に職場の人間関係や平均的な労働時間、交通事故防止への取組みや保険制度など、求人広告へは掲載されていない部分をしっかりと質問することが、モチベーションを維持して長くタクシー業界で働くコツです。

タクシー会社においては、交通事故の多発ポイントである交差点での事故事例研究など、その防止に向け様々な対策を講じているとことです。したがって、タクシー業界に再就職や転職を希望する場合には、保険制度を含めた交通事故対策が行き届いた会社を選ぶことが大切です。

Return Top