転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシーが首都高を安全に運転する対策

タクシーが首都高を安全に運転する対策

タクシードライバーは、長く続いた不況や少子高齢化の影響により、深刻な要員不足に陥っていますが、景気の回復とともに需要が大きくなっていることから、労働条件の良い求人が数多く出ています。しかしながら、タクシー会社を選ぶ際には交通事故対策に重点を置いた会社を選ぶべきです。

タクシードライバーの交通事故防止対策


日本企業の景気が回復傾向にあること、また、東京でオリンピックが開催されることが決定し、タクシードライバーの需要が大きくなっています。しかしながら、長く続いた不況や少子高齢化の影響により、タクシードライバーの高齢化と絶対的な要員不足により、タクシー業界では喫緊の雇用促進対策が求められています。タクシーに乗務して仕事をするためには、第2種運転免許証のほか、東京、神奈川、大阪においてはタクシーセンターが実施する地理試験に合格する必要がありますが、事前の研修や資格取得にかかる経費をタクシー会社が負担して雇用確保につなげているのが実態です。
しかしながら、いくら資格を取得してもタクシードライバーは、お客様を安全に目的地に送り届けることが第一ですから、様々な経験が重要となる職業です。特に東京都内では都心環状線を走行することは避けて通れませんが、日本の交通網の中でも最上位に位置するほど、車両の走行数が多いため車線変更にも苦労します。さらには、本線への合流や車線減少への対応など、高いドライブテクニックが必要となります。そこで、優良なタクシー会社では、様々な研修や事故事例研究会を通じて、車両数の多い道路での安全な合流方法や交差点への侵入方法について、タクシードライバーにレクチャーを重ねています。
したがって、タクシードライバーに転職する際は、給与や一時金だけでなく、こういった安全運転に対する研修制度の充実、さらには深夜勤務に対応した仮眠室の完備といった福利厚生施設の充実、さらには交通事故が起きた場合の保険制度の充実など、働くタクシードライバーに優しいタクシー会社を選択することが重要です。なお、タクシードライバーに特化した転職サイトでは、コンサルタントに相談すれば一般的な労働条件だけでなく、本当に働きやすいタクシー会社や労働条件の良い非公開求人なども紹介してくれますので、気になる求人情報があれば積極的にコンタクトを取ることが大切です。

東京でタクシードライバーとして働くには、首都高での運転は避けられません。首都高は非常に通行量が多く、事故も多発していますから、交通事故対策に重点をおいているタクシー会社は優良な会社であり転職先としてもおすすめできるものです。

Return Top