転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシー会社に就職する場合に必要な資格

タクシー会社に就職する場合に必要な資格

タクシー運転手は比較的安定した募集がありますので、就職や転職がしやすい業界の一つとなっています。運転が得意な方やお客さんとのコミュニケーションの好きな方などにおすすめの職業です。営業車の運転には資格が必要となりますのでチェックしましょう。

タクシー運転手は二種免許の資格が必須

自動車運転免許には通常の免許である一種免許と、職業ドライバーの二種免許にわけられます。業務として乗客を乗せて運転する(旅客運送)に必要なのは二種免許であり、従事するためには取得しなければなりません。つまりタクシードライバーとして稼働するために必要な条件となっています。
取得するためには技能試験に合格することが求められます。通常の試験の採点基準よりもかなり採点についてはシビアとなりますので、合格率は高くはありません。ただし21歳以上で免許取得歴が3年以上であれば受験資格を得ることができますので、何度もチャレンジして合格を勝ち取ったという方も多くいます。またタクシー運転手募集の案件においては、就業してから二種免許の取得を支援する制度を実施している会社もありますので、採用担当者に問い合わせてみることがおすすめです。
タクシー運転手には、乗客の安全を守ることや、公共交通機関の1つとして地域の交通に関して規範となる運転技術が求められるという側面もあります。そのために、運転が好きで得意であるということはもちろんですが、車についての知識を身につけているということも大切な観点となります。
実際に勤務するにあたって、乗客との会話なども必要となるケースがありますので、適度なコミュニケーション技術も磨いておいたほうが採用時に有利となる可能性があるといえます。面接の時に採用担当者との会話がうまく成立し、タクシー運転手として適性があると判断された場合には、多くの場合にはそのまま就職を決めることができるでしょう。
募集案件について確認することについては、上記のように免許の有無についてや、給与体系なども重要です。タクシー運転手の人材が不足していることもあり、募集案件の多くは以前よりも勤務条件の改善が見られておりますので、狙い目の時期であるともいえます。基本給の高低や勤務時間、休日などの諸条件を比較検討して募集案件を絞り込みましょう。

どの業界にも共通して言えることですが、人材不足が勤務条件の改善への追い風となっています。以前よりもタクシー運転手の勤務条件は魅力度を増してきていることがわかります。そのために、条件のより良い会社への就職が期待できます。

Return Top