タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

何を意味する?タクシーの表示板について

タクシーの前面には、「空車」などと表示がされている表示板がありますよね。

表示板にはどのような文字が表示されるのか、知っていますか?

表示板の文字の種類や意味について、説明していきます。

タクシーの表示板の表示には、どのような種類の表示があるの?

タクシーの表示板については、国土交通省管轄の運輸局からの公示によって、表示の仕方や表示内容がきちんと決められています。

タクシーの中でも法人タクシーが表示板で表示できる文字の種類をご紹介します

  • 空車
  • 実車
  • 割増
  • 迎車
  • 予約
  • 貸切
  • 観光
  • 定額
  • 回送
  • 救援
  • 代行

以上の11種類で、個人タクシーの場合は、救援と代行の代わりに、自家用車という表示を表示板で表示させることもできます。

タクシーの表示板の表示の意味は?

タクシーの表示板の意味について、説明していきます。

空車

客を乗せておらず、客を探している状態です。

実車

客を乗せて走っている状態です。

割増

割増運賃で運転している状態で、深夜や早朝(22:00~5:00)は、割増料金となる地域が多いです。

割増運賃が適用されると、通常は2km700円程度で計算される運賃が約1.6kmで700円程度と、同じ料金でも走ることのできる距離が変わります。

迎車

タクシーで自宅など指定の場所に迎えに行くことを迎車と言い、迎車料金がかかるタクシーの場合、迎えに行く間は迎車の表示を行います。

予約

基本として、予約表示は迎車料金を取らないタクシーが客を迎えに行っている途中に使われる表示です。

指定場所で客の都合で待っている場合、または客を乗せているときに客の都合でタクシーを待たせている場合にも予約表示をします。

貸切

1時間13,000円など、時間単位でタクシーが契約されている状態です。

観光

観光ルート運賃で運転している状態です。

タクシー会社は国土交通省から認可を受けて、観光ルート運賃を設定しています。

定額

定額運賃で運転している状態です。

東京近郊では、東京都内と羽田空港間などで定額運賃が適用されています。

回送

タクシーの運転手が、食事や給油、休憩などをしており、お客様を運ぶことができない状態のことです。

営業が終わり、営業所に帰っている途中にもこの表示を出します。

救援

業務の間に救援事業を行うために走っているときの表示です。

救援事業の種類としては、様々なものがあります。

  • タクシー便利屋(病院への診察の申し込みや薬の受けとり、買い物代行など)
  • 緊急救援システム(会員の家から緊急の信号が発せられた場合、病院にお連れする場合など)

代行

運転代行サービスを行っている状態です。

自家用車

個人タクシーが自家用車としてタクシーと使用している状態です。

Return Top