タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシーのゆっくりボタンとは?タクシー会社のECOで乗客に優しい取り組み

ゆっくりボタンとは

タクシーを使うときは、「より早く目的地に連れて行って!」と考えるお客様も多いですが、逆に「急いでいないからゆっくり連れて行って」というお客様もいます。

お客様にとって、タクシーのドライバーは運転のプロでもあるので、運転について意見を伝えるのは気が引けることがあるようです。

そんなお客様の気持ちを代弁する「ゆっくりボタン」は、三和交通のタートルタクシーにあります。

使い方は簡単です。お客さんが後部座席にあるゆっくりボタンを押すと、ドライバーは通常よりもゆっくり丁寧な運転をする、というものです。

小さいお子様や、高齢者の方、体の不自由な方、体調が悪い方が乗るときなど、運転に配慮して欲しいときに、お客様側が積極的にアピールできるボタンです。

お客様に優しい運転ができる

お客様が「今日は体調が悪いから、車が揺れるとつらいかも」「時間にゆとりがあるので、急がなくてもいい」といった気持ちになっていても、申告がないと気づかないこともあります。

タートルタクシーに装備されている「ゆっくりボタン」は、お客様から意思表示ができるボタンです。

ボタンを押すことで、タクシードライバーに気持ちが伝わり、急加速や急停車など、「急」のつく運転を控えることができます。

「ゆっくりボタン」が話題になっているということは、タクシーには「お客さんが遠慮なく意思表示できる仕掛け・雰囲気作り」が必要であることを教えてくれます。

ただ、どのタクシーにもボタンが必要というわけではなく、お客様が自分の気持ちを伝えられる雰囲気作りや声掛けで、ゆっくりボタンのような効果が生まれるでしょう。

ECO活動に参加できる

「ゆっくりボタン」を押すことで、ECO活動にも気軽に参加できます。

急加速や急停車が少ない運転は無駄な排気ガスを出しにくい、ECOな運転方法です。

また、タートルタクシーでは、「ゆっくりボタン」を押して走行した距離を計測しています。

そして、走った距離が長くなればなるほど、環境に優しい活動をする、とも宣言をしています。

実際には、ゆっくりボタンを押して運転した走行距離を「エコ走行距離」として、記録をとります。

この記録が重要で、エコ走行距離に応じたミッションが設定されていて、クリアすることで、三和交通が環境に優しい活動を行います。

現在のミッションは、走行距離「50,000ECOキロメートル」を達成することです。

この目標を達成できたら、タートルタクシー10台すべてのタイヤを「エコタイヤ」に変更すると宣言しています。

エコタイヤはタイヤの転がり抵抗が低く、燃費をよくすることにつながるとされているので、よりエコな運転ができるようになります。

単にタクシーが目的地に行くための道具ということだけでなく、「ECO活動をした!」という充実感があることもポイントではないでしょうか。

Return Top