転職道.com

タクシードライバー求人なら転職道.com

タクシーチケットの取り扱い方とは?チケットを受け取った時の処理方法

タクシーチケットの仕組みとメリット

タクシー料金を精算する時、よく使われるのが「タクシーチケット」です。クレジットカード払いに対応していなくても、タクシーチケットには対応しているタクシー会社もあります。

タクシーチケットとは「料金を後払いにできるチケット」で、タクシー会社が法人を対象に発行します。

タクシーを利用した時に必要事項を記入して運転手に渡したら、後日まとめて請求が来る仕組みです。タクシーチケットの発行にあたっては事前に審査や契約をしなければならないでしょう。

タクシーチケットがないと利用者が立て替えなければならず、領収証を紛失すると経費として認めてもらえません。社員の誰かがタクシーを利用するたびに、経理担当者には会計処理をする手間が発生します。

タクシーチケットがあれば立て替えや領収証は不要で、会計処理も1回で済むのです。

他にもクレジットカード会社が発行するタクシーチケットもあります。こちらは申請すれば別途審査や契約なしで発行されます。

運転手がタクシーチケットを受け取ったら

タクシーの運転手は、降車時に乗客がチケットを使うと言ってきたら、必要事項を記入してもらい受け取ります。記入してもらうのはメーターの料金、高速道路の料金など運転手の立替金、乗車区間、利用日、そして利用者の署名です。

受け取ったチケットは業務終了後、売上金を入金する際に「未収金」の1つとして処理します。

未収金には他にもクレジットカードなど現金以外の売上すべてが該当します。タクシー会社によって処理方法は異なりますが、書類の作成が必要な場合もあります。支払い方法の違いによる報酬の変動はありません。

タクシーチケットのトラブルに気をつけて

急いでいたりお酒が入っていたりすると、タクシーチケットに必要事項を書き込むのが面倒で運転手に丸投げする乗客がいます。

その場合は運転手が代わりに記入しますが、利用者の名前は分からないので空欄のままにしましょう。それでもタクシーチケットは有効になり、記入されている金額で請求されます。

だからこそ乗客にはメーター料金など実際にかかった金額だけでも記入してもらうのが理想です。

やむを得ず運転手が記入する場合も乗客に断りを入れたり、ドライブレコーダーに記録して証拠を残したりするなど、何らかの予防策を講じておきましょう。

もちろん、この時点では精算が終わっていないので領収証は発行しません。

また、会社から定められた区間外でタクシーチケットを利用し、乗車区間をごまかすように頼む乗客もいます。最近ではタクシーチケットの写しを請求書に添付して送るタクシー会社が多いので不正は簡単に発覚します。

運転手が不正に加担したとみなされるので、安易に応じないよう気をつけましょう。

Return Top