タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

長時間運転の疲れを解消する方法

疲れてしまう長時間の運転を解消するいくつかのコツ

タクシードライバーは勤務中の殆どの時間を車の運転をして過ごします。長時間の運転というのはどうしても疲れてしまうもの。疲れを溜めてしまっては、翌日のお仕事に支障もでることですし、どのようにすれば長時間運転しても疲れにくくなるのでしょうか。
いくつかコツを紹介するので、試してみてくださいね。capture5

シートの位置を正しく

正しくシートに座れていますか?間違った座りかたでは体に負担がかかり、疲れやすくなるのも当然です。今一度自分の座りかたや、自分の車のシートの位置を確かめてみましょう。
まずは、シートの位置です。ブレーキペダルをいっぱいに踏み込んだ時に、膝がすこし曲がったままになるようにシートの位置を調整しましょう。
次に、ハンドルの位置です。シートに背中をつけて座った時に、ハンドル上部をもって少し肘に余裕が出るように調整しましょう。
シートを調節したら、深くシートに腰掛け、背中を背もたれにピッタリ付けます。ハンドルを持つ位置は、8時20分ぐらいが良いでしょう。
浅く腰掛けると前屈姿勢になり、体に負担がかかってしまいます。

甘いモノを食べる

体の疲れには糖分を摂るのが一番です。運転中や休憩の時に、チョコレートなどを食べるようにしてみましょう。ジュースや砂糖の入ったコーヒーなども効果的です。

好きな音楽を聞く

好きな音楽を聞きながら運転することで、楽しく運転する事ができます。タクシードライバーならお客さんを乗せていない間は好きなCDやラジオをかけることが出来ますね。音楽を聞きながら運転することは、眠気防止にもなります。

適度に休憩をする

出来るだけ1~2時間に1回休憩を取るようにしましょう。その際は、車から降りることが大切です。車外に出て、歩きまわったり、ストレッチをすることで、体がほぐれ、疲れにくくなります。この時深呼吸をするのも忘れないようにしましょう。運転中は目を酷使しているので、遠くを見て目を休めるのもおすすめです。
capture4

疲れにくい運転を心がける

長時間の運転でも疲れにくくするために、運転の仕方にも気を配りましょう。むやみな車線変更や追い越しなどは神経をつかいますので避けた方がいいでしょう。スピードは常に一定で、余裕をもった車間距離で運転することが、疲れにくい運転の仕方です。
このように、長時間の運転には疲れがつきものですが、工夫次第で疲れにくくすることができます。さっそく実践してみてくださいね。

Return Top