タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

タクシー運転手がクレジットカード・Suica払いをスムーズに行うためには?

スマートに会計処理を行うための端末決済の注意点

最近は防犯上の理由から、タクシーの車内には現金を置いておきたくないという運転手もいるようです。

また、乗客も細かいお金を持ち合わせていなかった場合など、タクシーでの支払い時に素早く対応できるクレジットカードやSuicaの利用者が増えています。

将来を見据えて現金以外の決済方法を

タクシーのカード払いに対応するために、さまざまなタイプの端末機械システムが登場しています。

運転手に操作方法を促す音声機能付きやsuicaなどICカードや電子マネーに対応するものがあります。

他にも大きな文字を表示して入力しやすいようにするものなど、使いやすさを求めたものになっています。

また、お客様のモバイル端末にデバイスを接続することで、スマートに支払いを完了させることが可能です。

多くのお客様に乗車してもらうためには外国人観光客も取り入れていかないといけません。

外国人はカードの支払いが多く、東京オリンピックの需要で観光客が増えることが見込めるため、満足度を上げるためにも早いうちに現金以外の支払いに上手に対応できる改善が必要といえます。

さまざまなタイプのカードが存在している 

通常、現金の受け渡しは運転席と助手席の間にある受け皿を活用します。

まだ現金払いも多いため、狭い車内ではsuicaなどのICカードをタッチさせるのも、受け皿の下に機械を収納してあるケースが多いことでしょう。

カードやスマホを受け皿に近づけることで会計処理が可能となりますが、中には受け皿を開けて機械を出さないと反応しないタイプもあります。

すべてのカードやスマホが同じ扱い方で対応できるとは限りません。そのことを運転手は理解した上で、それぞれのパターンを把握し、対応できるようにしておきましょう。

カードも色んなタイプがあり、なかなか見受けられないようなデザインのカードまであります。

運転手の先入観からクレジットカードなのか、suicaなどのICカードなのか、判断できにくいものを勘違いしてしまわないよう注意が必要です。

また、電子マネーとクレジットカードを兼用しているタイプもありますので、お客様に事前に確認し、支払い方法でトラブルにならないように気を付けましょう。

 電波の悪い場所では少し動くなど工夫をする

ビルの間など、電波の悪い環境ですと決済に時間がかかったり、通信エラーとなってしまい、お客様に不信感を与えてしまいます。

特にカードは個人情報が含まれていますので、あまり長い時間他人に預けるのを不安がるお客様もいますので、少し動いて電波を良くするなど注意しましょう。

苦手意識ばかりでは顧客満足度は向上しない

運転手の中にはこういった端末に苦手意識を持っている運転手も少なくありません。

タクシー業界はサービス業ですので、端末システムはお客様からの要望で進化しているといっても過言ではないでしょう。運転手はお客様の要望に応えられるように努力していかないと顧客満足度の向上には繋がりません。

お客様にリピートしてもらうには乗車から支払いまで、スムーズに気持ちよく乗っていただくことが大切です。

Return Top