タクシーメディア by転職道.com

タクシーメディア|タクシードライバー役立つコラムサイト

居眠り運転を防ぐ!ドライバーに役立つ眠気対策とは?

タクシードライバー必見運転中の眠気覚まし方法

タクシードライバーの仕事中の悩みの一つとして、運転中の眠気があります。十分な睡眠をとっていても、日中眠くなることもありますよね。また、深夜の勤務が多いので、深夜にどうしても眠たくなってしまうこともあると思います。しかし、居眠り運転などをして事故を起こしてしまっては、元も子もありません。では、どのようにして眠気を覚ませば良いのでしょうか。

カフェイン剤を摂取

コーヒーなどのカフェイン飲料もたくさん飲めるわけではありませんし、錠剤のカフェイン剤を飲むほうが手っ取り早いようです。薬局で一瓶200円~300円ほどで購入できる上に、水なしでの飲めるものも多いので、パッと飲めて簡単です。効果が出るのに15分から20分ほどかかるので、眠くなりそうな少し前に飲みたいですね。
capture3

あごを動かす

硬いものを噛んであごを動かすことで、眠気が覚めることがあります。ミントのガムなどは頭がスッキリしていいですよ。硬めのグミやおせんべいなんかでも効果があります。
capture2
最近は、ドライバーの眠気を感知したら、アラームが鳴るガジェットも出ています。ドライバーの首の傾きを感知して、「ガクッ」となった瞬間にアラームや振動でしらせてくれるものは、ネットで1,000円程度で手に入ります。その他にも、ドライバーのまばたきを感知して、教えてくれるもの、心拍数などを感知するものなどたくさんあるようです。

潔く仮眠をする

潔く仮眠をしてしまうことも解決策の1つです。その間お客様を逃してしまうことになりますが、居眠り運転をして事故を起こすよりは、いいですよね。15分から30分程度仮眠を取るだけで、スッキリしますよ。深く眠ってしまわないようにシート倒すのではなく、うつ伏せに寝るのがおすすめです。これなら、うっかり長く寝てしまう心配もありません。

眠気に効くツボを押す

合谷という眠気や肩こりに効くツボを押してみましょう。
合谷は人差し指と親指の間の水かき部分にあります。外側から押していって痛みを感じる部分を3秒ほど指圧してみましょう。これを両手に3回ずつ繰り返します。
このように運転中の眠気を覚ます方法はいくつかありますので、自分にあった方法を見つけてみてはいかがでしょうか。1つだけでなく、2つ3つと合わせ技をする人もいるようですよ。しっかり対策をして、居眠り運転の無いようにしましょう。

Return Top